トップ > イクメン☆アンケート 結果速報!

イクメン☆アンケート 結果速報!

1月に行った「イクメン」に関するアンケートの結果を発表〜!
昨年の流行語大賞トップテンにも選ばれた「イクメン」。でも、子育ての現場にいるママたちは、実際どう感じているのでしょう?「イクメン」という言葉に対する感想、パパに対する気持ち、世の中に対する思いなどを色々と寄せていただきました。

Q1.ご主人が、日頃よくしている家事や育児は?※複数回答可

3人に2人のパパがお風呂で親子のコミュニケーションを取ってるよ。

Q2.ご主人に協力して欲しいと思う家事や育児は?※5つまで選んでね

「出しっぱなし、脱ぎっぱなし!」という意見もあるよ。子どもの寝かしつけは時間が読めない上に一緒に寝てしまうことも多いからヘルプ!

Q3.子育てや家事など、パパの「イクメン」度は何点?

お〜☆パパたち高得点!80点以上が4割、100点満点も1割以上♪平均点は60.9点でした。

Q4.Q3の評価の理由は?

100点: 子育ては夫婦でするもの。時間がある方がする。子育てで自分が成長出来る。等々が主人の基本的な考えなので、こちらから言わなくても普通にしてくれる。
90点: 仕事で疲れていても、子供との時間を大切にしてくれて、家事も手伝ってくれるイクメン!イクメン度パーフェクト!!と褒めたいんだけど、ちょっと言葉遣いや動作が荒っぽいのでマイナス10ポイントです。
80点: イクメンにするべく、妊娠中から夫の教育をして、現状に不満はないからです。私の自由時間を持たせてくれれば満点パパですけど。
70点: 家事の協力はほとんどないけれど、子供とはたくさん遊んでくれる良いパパだと思う。
60点: 言わないとやってもらえないので、自主的にやってくれるといいなあ。
50点: まだまだ夫がこどもっぽい。自分のことばかり考えているから。夫婦二人のときは120点の夫だけど父親としたら40点しかあげられない。
40点: 子供と遊ぶより自分優先があるから(寝てたりパチンコ行ったり)。
30点: 自分のことが全くできない。せめて、脱いだものは洗濯カゴに入れるとか食べた食器はシンクまで持って行くとか…。
20点: 子供が4人いて、仕事も始めたが、旦那がしてくれることは子供が1人で専業主婦だった時と何もかわらないから。
10点: 育児は女の仕事!という考え方なので手伝う気が全然無い!
0点: 家事は一切手伝わないし、家に居ても一人でゲームばかりしていて、子供と遊ぶどころか、子供が話しかけただけで怒ることもあるので。

Q5.「イクメン」と聞いて思い浮かぶ有名人は?

1位 つるの剛士さん(505票)
2位 杉浦太陽さん(104票)
3位 照英さん(58票)
4位 土田晃之さん(47票)
5位 宮迫博之さん(21票)
6位 哀川翔さん・薬丸裕英さん(11票)
8位 山口智充さん(7票)
9位 佐々木健介さん・藤井隆さん・田村亮さん(ロンドンブーツ1号2号)(6票)

Q6.パパに対する要望や自慢、その他「イクメン」についてのご意見

  • 「イクメン」という言葉は、少し軽すぎる気がしてあまり好きではありません。実際、我が家のパパは「イクメン」がすると考えられている行動(家事や子供の世話など)でも、その分、外できっちり働いてくれて、家族を養ってくれる、子供も「お父さんとは、そういうもの」と考え、納得し尊敬しています。育児をしないから、だめなパパでは決してないことを忘れないでほしいなぁと思います。
  • 『手伝う』ではなく、『一緒に』の感覚になれば、イクメンがもっと増えそうな気がします。
  • うちのパパは、私が一日いなくても全く困らない。料理はできるしオムツ換えもやります。(たとえそれがウ○チでも…)子連れでの買い物も私より上手にこなすので、立場がない位です〜。
  • うちのパパへの要望は、自分中心の考えを子供中心の考えに変えてほしいです。また、部屋がきたないとか家事が全く出来てないとか、俺が仕事してるお陰で食べて行けてるんだぞなど、文句は言うくせに私を一度も褒めた事が無いので家事育児についての見る目線を変えてほしいです。自慢出来る点は…特になし。イクメンはこれからどんどん増えていって欲しいです!ママと協力して家事育児を頑張って欲しいです。
  • パパの自慢できるところは、イクメン、という言葉が大っ嫌いなところ。当たり前のことをしているのに、イクメンイクメン自分のことをアピールするなと言っています(笑)こんな旦那様で私は幸せ者かも!?
  • もっと会社が育児休暇などが取れやすい環境になってくれると、働く女性には助かる。パパは、子供が病気などでもなかなか休みがとれない。
今回ご回答いただいたみなさん、ありがとうございました! アンケートについては、リトル・ママ本誌3月号にも掲載されています。こちらもぜひチェックしてね☆
▲ページの先頭へ
前のページに戻る