トヨタホームつくし×リトル・ママ 福岡キャンペーンキックオフ

12月10日(火)からスタートしているキャンペーン直前に、講師やNPO法人、サロン経営など福岡で活躍中のママ5名をお呼びして、先行見学会を行いました。

天神南、ロフト近くのF.Tビル、みなさんご存知ですか?入ったことありますか?
この辺り、インテリアや雑貨も充実したエリアですよね。
トヨタホームのショールーム「アトリスプラザ福岡」はそのF.Tビル2階にあります。

エネルギーを賢く使う、トヨタホームのスマートハウス

ショールームに入ると、まず目に飛び込んでくるのが「エコミライの家コーナー」。
トヨタホームのスマートハウスの説明コーナーですが、そもそも「スマートハウス」って何?
家の中の設備機器やエネルギーを、管理システムで最適制御する住宅のことです。
太陽光発電システムで電気を作り、使い、余った電気は売る。発電、蓄電、消費の状況を、HEMSモニターでいつでもチェック☆電気自動車への充電もこれで万全です。家と車がつながる…家から車にエネルギーを送る、なんて今まで考えたこともありませんでした。トヨタならではの発想ですね。

他にも、スマホで玄関の施錠や電灯、空調を管理したり、カギを開けた人の名前通知メールでお子様の帰宅を確認できたり…。こういうママに嬉しい機能が全て標準装備なのです。
ママたちからは「そんなこと知りませんでした。もっとアピールした方がいいですよ~!勿体無い!」の声が。

強靭で安定した住宅構造

トヨタホームの構造上の大きな特徴が鉄骨ラーメンユニット。全体が強靭な鉄骨で、筋交いや耐震壁が不要。これは、開口部が広く、空間内を自由に可変できるというメリットにもつながります。ショールームには地震体験ルームもあり「震度3」を体感させていただきました。福岡も地震に無縁とは言えず、頼れる耐震構造は必須ですね。
また、工程の85%を工場で作るのも大きな特徴です。ユニットごとに組み立てた状態で現地まで運ばれてくるのです。「家が組み立てられた状態でやってくる?」って不思議ですが、こうしたトヨタ生産方式により、丁寧な作業と工程ごとの検査が可能となり、安定した高品質な生産を実現しています。

鉄骨ラーメンユニット

地震体験ルーム

ユニットの据付工事

住宅の太陽光発電からの電気自動車充電、サビに強い鉄骨、防音性能、工場での生産…など、トヨタホームには、車で培った最先端の技術力がふんだんに活かされていました。 マイホーム実現はまだまだ先という方も、家づくりの最新事情をちょっと覗いてみませんか?

キャンペーンページはこちら

▲ページの先頭へ
前のページに戻る