カテゴリー:食育

  • 子どもの “食べない” どうしたらいい?

    食べない、時間がかかる、途中で遊びだす…。 多くのママが悩む「子どもが食べない」問題について、保育園などを運営する「株式会社グローバルキッズ」本部給食サポートグループの保育士、栄養士の先生方にお話をお聞きしました。 …
  • 「一汁一菜」子どもの食事に取り入れる注意点とは?

     「子どものお世話や家事に追われて料理が負担」「頑張って作っても食べてくれない」など、毎日の食事作りに疲れ気味のママも多いのでは?そんな時こそ取り入れたいのが「一汁一菜」。 でも「量は足りるの?」「栄養は?」など心配な点…
  • 「すすり飲み」「コップ飲み」が味覚や表情も影響する?

     おっぱいや哺乳瓶から離乳食への移行期は、手軽さからついストローマグに頼りがち。でも、すすり飲みやコップ飲みがお口の機能を整えるだけでなく、味覚や表情の発達にも影響するということをご存知ですか?「上唇をしっかり使い、お口…
  • 国産オリーブを届けるために

    小豆島など有名な産地はあるものの、日本ではなじみが薄いオリーブ栽培。新規参入が難しい中、 あえて挑戦している会社が福岡にあるのをご存知ですか?オリーブの魅力とともにご紹介します。 九州をオリーブ大国へ …
  • 元気に、キレイに、ハッピーに!かしこく食べたい、豚肉のススメ

    焼く、煮る、揚げる…と、どんな調理法でもおいしい豚肉。疲労回復効果が高いことで知られていますが、ほかにもさまざまな栄養パワーが隠されています。また、おいしい豚肉を選ぶにはちょっとしたコツがあるのだとか。今回は、豚…
  • 頑張るすべてのママを応援したい!優しさを込めた料理を笑顔と一緒にテイクアウト

    容器のサイズを決めたら料理を選ぶだけ。量り売りしないから安心して買えるお総菜店、それが「デリ・マシェリ」。ランチタイムや夕食時だけでなく、パーティーやママ会でも使える気軽さが人気です。 原点は母の味とお…
  • 高い栄養価とうま味が凝縮「ぬか漬け」パワーのヒミツとは?

    毎日食事に取り入れたい「発酵食品」。中でもビタミンにミネラルといった、健康や美容にうれしい栄養たっぷりの食品が「ぬか漬け」です。お子さんと一緒に楽しく作れば、野菜嫌いも克服できるかも…!? お好きな食材を使って、…
  • ママと子どもの体にやさしい食材選びのコツ

    子どもや家族の健康は、日々の食事から。母親目線で厳選したオーガニック食品を販売する、株式会社ブラウンシュガーファースト代表の荻野みどりさんに、楽しみながらできる食材選びのコツを教えてもらいました。 …
  • 忙しいママにおすすめ!時短&つくり置き料理のコツ

    ワーキングマザーが増えてきている昨今、毎日のご飯づくりに“時短“が必要不可欠です。そんな忙しいママにおすすめなのが、「つくり置き」。家事代行サービス「CaSy(カジー)」のキャストさんに、時短&つくり置き料理のコ…
  • カラダにも地球にもやさしいオーガニックハーブの活用法

    フランスをはじめとするヨーロッパでは、ハーブは人に恵みをもたらすものとして、古くから親しまれてきました。その日の体調や気分に合わせてハーブを選び、心とカラダのコンディションを整えているのだとか。今回は夏を乗り切る…

ピックアップ記事

  1. 2019-6-14

    野菜嫌い、だけど「浅漬けなら食べられる」が約7割

    ママを悩ませる子どもの野菜嫌い。でも、ある調査では70%以上の子が「浅漬けなら食べられる」と答えたそ…
  2. 2019-5-16

    アザ・シミ治療は乳児から大人まで可能です

    助産師や他科の医師からの紹介で当院に来られる患者様の中には、子どもの先天性のアザが治療できる…
  3. 2019-5-15

    料理にテリとコクを増す100%自然由来の「てんさい糖」​

    こだわり派が愛用するお砂糖 なぜ「茶色」なの? 「調味料を変えただけで、いつもの料理がグッと美味…

話題の記事

  1. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  2. ママを悩ませる子どもの野菜嫌い。でも、ある調査では70%以上の子が「浅漬けなら食べられる」と答えたそ…
  3. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  4. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  5. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
ページ上部へ戻る