カテゴリー:子育て・教育

  • 「私立」「国立」「公立」どれにする?? 子供がグングン伸びる学校選び&親の心得ガイド

    私立・国立・公立、わが子にベストな学校は?  入学までにしておいたほうがいいことは? 小学校の教育制度が大きく変わるって本当?  教育ジャーナリストの石田勝紀さんにお聞きしました。 教えて…
  • おっぱいを卒業するとき

    母乳育児の電話相談をしていると、母乳育児中のおかあさん方から「おっぱいをやめようと思っているけど、どうやったらいいですか?」とご質問を受けることがしばしばあります。皆さん、迷ったり悩んだりしていることなんだなあ、と日…
  • 岡山県・奈義町の少子化対策とは?

    町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義町。高齢化率が3割を超えたこの町ですが、2014年に日本トップクラスの合計特殊出生率2.81を記録、その後も高い出生率を…
  • 乳腺炎のお話

    今回のテーマは、乳腺炎です。乳腺炎とは、乳房に起こる炎症で、痛みや腫れ、発熱などを来たします。母乳を通し、赤ちゃんとの幸せな時間を楽しみながら過ごしていたいはずなのに、こうした症状を、しかも繰り返している方などは特に…
  • はじまりと続きの、母乳育児

    母乳育児の意味 今日は、母乳育児は、はじまりがとっても大切だということをお伝えしたいと思っています。ちょっとヘンなタイトルですが、このタイトルには色んな意味が込められています。 お母さんが赤ちゃんに母乳を実際に与…
  • 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM Show」に行ってきました。見本市(トレードショー)は、世界中の楽器メーカーが、今一番の商品を展示して、来場者に体験し…
  • 母乳~お母さんからの贈り物~

    助産師をしていると、多くのお母さん方が「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい」と願う声をよく聞きます。10カ月間お腹の中で赤ちゃんを大切に育くんでくると、自然と湧き上がってくる思いなのでしょうね。今回は、そんな母乳…
  • 入学前に知っておきたい!小学校のこと

    お子さんがもうすぐ小学生!というママは、ワクワクとドキドキの気持ちでいっぱいのことでしょう。「授業中すわっていられる?」「ひとりで登校できる?」など、年長ママが気になることを小学生ママに聞いてみました。 撮影/升谷…
  • 女の子育児のウソ・ホント!?

    よく耳にする、男の子と比べて女の子は「育てやすい」「あまり手がかからない」という、“女の子の方が子育てがラク”説。もちろん個人差はあるけれど、なんだか気になるこの話。 実際に女の子を育てているママのアンケートをも…
  • いつから?何する?3才からの習い事

    幼稚園や保育園に通い始める時期でもある3才以降は、習い事を始める絶好のチャンス! 気になるみんなの習い事事情やおすすめの習い事をご紹介します。 企画/トミザワヒナ 取材・構成/山﨑恵子 習い事スタートのピ…

編集部おすすめ記事

  1. 生まれつきのアザ 乳幼児から治療できます

    お子様と来院された親御様から「アザは成長と共に薄くなると言われたけど薄くならない」、大人の方…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…

話題の記事

  1. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  2. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
  3. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  4. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  5. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
ページ上部へ戻る