頑張るすべてのママを応援したい!優しさを込めた料理を笑顔と一緒にテイクアウト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

容器のサイズを決めたら料理を選ぶだけ。量り売りしないから安心して買えるお総菜店、それが「デリ・マシェリ」。ランチタイムや夕食時だけでなく、パーティーやママ会でも使える気軽さが人気です。

原点は母の味とおもてなしの心

「お店の料理は家庭の延長です。自分が食べたいもの、家族に食べさせたいもの、それを一番に考えて作っています」と話すのは、人気お総菜店「デリ・マシェリ」をご主人と一緒に営むパク・スンリョンさんです。

13年前、結婚を機に故郷・名古屋から福岡へやってきたスンリョンさん。ご夫婦揃ってもてなし好きという人柄から交友関係がどんどん広がり、友人たちを自宅に招く機会も増えていきます。母の味でもある韓国料理やオリジナルの自家製パンを振る舞っていたところ「教えてほしい」と頼まれ、料理教室をスタート。当時は韓国料理の教室が少なく、ブログや口コミで人気を集め、1年後には生徒さんが100人を超えるまでになりました。「『マシェリ』はもともと料理教室の名前なんです。だから当時の生徒さんもすぐに気付いてくれて、お店に来られた際には声を掛けてくれます」。料理教室を畳んで、ご主人の念願だったデリ店をオープンしたのは今から約5年前。当時は5才と2才の娘さんたちを抱えていたこともあり、すべてが不安だったと言います。

「大変ね」のひと言でママの心は軽くなる

「お店を始めたので次女の保育園を探すことになり、仕事をしているから認可に受かると思っていたのに落ちてしまい…。あの時は『どうやって働けばいいの!?』と目の前が真っ暗になりました。ちょうど認可外保育園がお店の前に開園したので預けることができましたが、お母さんが働くことの難しさを考えさせられました」。

幼い娘を預けて仕事をする日々に罪悪感を持ったというスンリョンさん。それは、自分の母親はいつも家に居てくれたからだと話します。「子ども達に申し訳ないという思いから家のことには手を抜かず、夕食もお惣菜を持ち帰らずに作っていました。働いているのは私だけじゃない、辛いのは私だけじゃない、と思って誰かに甘えることもできず、当時は『大変』という言葉を使えなくて」。

その肩の荷が降りたのはつい最近のこと。「娘から『お店のあれをうちでいっぱい作って!』とお願いされるんです。時々は持って帰ることで私も楽ができますし、一緒に過ごす時間も増えました」。娘さん達にとっては、お店のお惣菜も大好きな母の味。お母さんの働く姿を一番近くで見て、応援してくれていたのです。「幼い子を持つお母さんを見ると、昔の自分を見ているようで『大変ですね』と声を掛けたくなります。仕事を持つ方も家庭を守っている方も、どちらも“働く”お母さん。だから、時にはご飯を買うことを悪いと思わないでほしい。ちょっと手を抜くことで笑顔が増え、家族が幸せを感じてくれるはずです」。

「今日は子どもとゆっくり過ごそう」。「頑張った自分にご褒美を」。そんな日は、おいしい料理をテイクアウトしてみませんか?

Deli Macherie(デリ マシェリ)
パク・スンリョンさん

http://hukuhuku.seesaa.net/

情報番組の料理コーナーを担当した経験を持ち、料理研究家としても活躍中。NY在住経験を持つご主人の希望で、量り売りではないNYスタイルのデリ店をオープン。店内には約12種類の自家製天然酵母パンや、約20種類のお惣菜が常時並ぶ。
舞鶴店 福岡市中央区舞鶴2-8-29 092-714-1017
渡辺通り店 福岡市中央区高砂1-3-1 092-534-7311

お惣菜は量り売りではなく、サイズを決めて料理を選ぶスタイル。渡辺通り店ではイートインスペースもあり子どもと一緒にゆっくり過ごせる
週ごとに入れ替わる料理には、コロッケやひじきといった定番から、チャプチェやチヂミなど韓国料理も並ぶ
自家製の天然酵母パンは毎日12〜13種類ほど並んでいる
休日には親子でお菓子を作ることも

即席豚キムチスープ

材料
  • 豚ばら薄切り肉 200g
  • 白菜キムチ 150g
  • ニラ 1/2束
  • にんにく 1かけ
  • ごま油 小さじ2
  • 溶き卵 1個分
  • ★水 3カップ
  • ★味噌 大さじ1
  • ★酒 大さじ1
  • ★鶏がらスープの素 大さじ1/2
  • ★砂糖 小さじ1
  • 塩コショウ 適宜
POINT砂糖が隠し味!ごはんや麺を入れても美味♪
作り方
  1. 豚肉、キムチ、ニラは食べやすい大きさに切る。にんにくはみじん切りにする
  2. 鍋にごま油を入れてにんにくが焦げないように炒め、豚肉を加え炒める
  3. 豚肉に火が通ったらキムチを入れてなじませるように炒める
  4. ③に水と★の調味料を加えて沸騰させる
  5. 沸騰したらニラを加え、しんなりしたら塩コショウで味を整える
  6. スープを静かに沸騰させながら溶き卵を加える

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  2. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  3. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  4. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  5. 一緒に体を動かして健やかな心をのばす「親子体操」で、もっと子どもとふれあおう!

    体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…

話題の記事

  1. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  2. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  3. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  4. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  5. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
ページ上部へ戻る