ママたちの間で注目!離乳食レシピのアイディア満載サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤ちゃんの離乳食、どのように作っていますか?人気サイト「クックパッドベビー」で紹介されている離乳食レシピが、「簡単!」「アイディアがすごい☆」など、ママたちの間で注目されています。人気の秘密と楽しみ方について伺いました。

安全基準をクリアした離乳食レシピを紹介

2015年6月からスタートした「クックパッドベビー」は、プレママ&子育て中のママ向けに、妊娠、出産、育児のさまざまな情報を提供するサイトです。中でも人気のひとつが、「離乳食」のコーナー。ご存知の通り、「クックパッド」はユーザーさんによる 投稿レシピ サイトですが、ママ向けに特化した「クックパッドベビー」のスタートにあたっては、厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」の基準をもとに、管理栄養士さんと月齢ごとに安心基準を作りました。現在、サイト内には、皆さんに投稿していただいたレシピの中からその基準にあった約1500のレシピが紹介されています。

忙しいママたちから感謝の声がたくさん!

月齢別のカテゴリーは、「5、6カ月ごろ」「7、8カ月ごろ」「9〜11カ月ごろ」「1才〜1才6カ月ごろ」の4種類。子育て中のママたちが実際に作ったオリジナルレシピなので、「こんな工夫をしたらたくさん食べてくれた」「このプロセスで作ったら調理時間が短縮できた」など、ママならではのアイディアがたくさんつまっています。サイトを見たママからも「つくれぽ」や「コメント」を通して「早速作りました」「おいしくできました。ありがとうございます」など、感謝の声をたくさんいただいています。

レシピのほか、月齢別に食べていいもの、悪いもの、離乳食の進め方やポイントも紹介しています。

知ってますか?離乳食の目的

離乳食のレシピ情報はネットや本などからたくさん入手できますが、意外に知られていないのが、「離乳食はなぜ必要か」ということです。管理栄養士でクックパッドダイエットトレーナー、3児のママでもある石田美枝さんは、サイト内でのインタビューで「離乳食は、①赤ちゃんが食べ物を正しく消化するための、口(舌)を動かす ②たくさんの味覚を獲得することで『おいしい』の経験値を積み重ねる…という、とても大切な目的があります」とおっしゃっています。「栄養手段としてだけではなく、どうしたら正しく消化させ、味の種類を与えることができるか考えることが、“好き嫌いのない子”につながる」とも。

また、楽しい離乳食の時間が、食べる意欲や豊かな感性を育てていきます。材料をもう1種類増やす、作る過程でひと手間かけるなどママのほんのちょっとの努力で、赤ちゃんは離乳食を喜んで食べるようになり、「おいしい!」の笑顔を見せてくれる…ママにとってこれほど嬉しいことはありません。

離乳食についての幅広い情報を提供

「クックパッドベビー」では、今後、離乳食のレシピに加え、離乳食の目的や役割について発信したり、調理道具のそろえ方やだしの取り方など料理の基本を動画で配信するなど、幅広い情報を提供していきます。離乳食の時期は、たったの1年間。「クックパッドベビー」などを上手に利用して、この時期しかできない離乳食づくりを楽しんでほしいですね。

安田 啓司(やすだ けいじ)さん

株式会社クックパッドベビー代表取締役
ベネッセの女性向けサイト「ウィメンズパーク」の立ち上げなどを経てクックパッド株式会社に入社し現職に。2児の父。

離乳食の目的

  • 1.食べ物を正しく消化するための口(舌)を動かし、かむ力を育てる
  • 2.たくさんの味覚を獲得することで「おいしい」の経験値を積み重ねる
  • 3.食べる意欲を育て、食事の楽しさを教える

離乳食後期☆豆腐ハンバーグ〜手づかみ

「クックパッドベビー」の人気レシピを紹介!

クックパッドベビー」妊娠、出産、育児の情報サイト。口コミ、産婦人科検索、お出かけ情報、離乳食レシピなど盛りだくさんで、月間利用者100万人以上。

サイト内の離乳食レシピから人気のレシピ160品を紹介したMOOK「クックパッドの離乳食」も発売

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  2. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  3. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  4. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  5. 一緒に体を動かして健やかな心をのばす「親子体操」で、もっと子どもとふれあおう!

    体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…

話題の記事

  1. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
  2. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  3. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  4. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  5. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
ページ上部へ戻る