カラダにも地球にもやさしいオーガニックハーブの活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フランスをはじめとするヨーロッパでは、ハーブは人に恵みをもたらすものとして、古くから親しまれてきました。その日の体調や気分に合わせてハーブを選び、心とカラダのコンディションを整えているのだとか。今回は夏を乗り切るアイディアいっぱい!ママ、キッズも楽しめるハーブのメソッドをご紹介します。

暮らしにとけ込むハーブティー

郡司さんが取り扱う「マリー・ドゥ・マゼ」のハーブティーは南フランスのセヴェンヌ地方の畑で有機栽培されたもの。豊かな自然に囲まれた地で育ち、最良の時期に手摘みされ、ゆっくり自然乾燥されることで、ハーブの薬効が引き出されています。

そもそもハーブは修道院で栽培され、けがや病気の治療薬として使われてきた歴史があり、現代では自然治癒力を高めるホリスティック医療の礎を築いています。

ハーブは医薬品のように症状をピンポイントで治すものではなく、体調や体質に合わせて選ぶことで、心とカラダにゆっくりと働きかけてくれるもの。欧州ではハーブティーをはじめ、アロマテラピーやハーバルバス、リキュールなど、ハーブが暮らしに根づいています。

夏にぴったりのハーブティー

夏におすすめのハーブティーの飲み方は、フレッシュハーブでも良いですが、ドライにして煎じることで薬草成分が多く抽出されます。アイスの場合は水出しでは成分が出ないので、熱湯で濃いめに入れて氷を足して。体を冷やしたくない方は通常の出し方で、温かいままでどうぞ。

メントールの香りで眠気を覚まし、気分をリフレッシュさせてくれるのはペパーミント。はじけるような爽やかな味が口の中に続きます。消化器系の機能を整えてくれるので、食欲不振や食べ過ぎにも重宝し、フランスでは食後によく飲まれています。

レモンバームは香りも味もマイルドで、夏場に好まれるハーブのひとつ。やさしく繊細な味わいで、欧州では子どもからお年寄りまで、幅広く飲まれています。

カモミールは万能のハーブ。頭痛、生理痛や胃炎を和らげるのに役立つと同時に、精神的なストレスにも働きかけてくれます。かわいらしい白い小花がもたらす苦みが口に残るので、子どもには温かいうちに、はちみつを入れ、相性のよいミルクと合わせても。

飲むだけでなく暮らしにも役立つハーブはタイム。抗菌作用に優れているので、虫歯、口臭、風邪予防に◎。ハーブティーでうがいをすれば感染症の予防にも。

ハーブティーは抗酸化力を持つポリフェノールが含まれているのでエイジングケアにも最適。おまけにノンカフェインでノンカロリー。ただし、野菜と同じように環境や栽培方法により味わいが違うので、高品質なものを選びましょう。

ブーケガルニで料理がワンランクアップ

ブーケガルニとは洋風煮込み料理に欠かせないハーブの束のこと。タイムやローズマリー、パセリ、ローリエが定番。化学調味料を使わなくても、料理に豊かなコクと香りを与えてくれます。

最近では、日本でも手に入りやすくなり、ハーブを細かくしてお茶パックに入れれば簡単に作れます。

そこで野菜ぎらいのお子さんにおすすめポタージュの作り方をご紹介します。

材料や作り方もとてもシンプルで、たまねぎとじゃがいもをベースに、グリンピースやゴボウなど季節の野菜をプラスするだけ。鍋にオリーブオイルとバターを入れ、みじん切りにしたたまねぎをよく炒めてから、塩、胡椒をして、水と残りの野菜とブーケガルニを入れて煮込みます。火が通ったら、ブーケガルニを取り除きブレンダーなどでなめらかにし、牛乳でのばして温めなおしたら美味しいスープの完成です。

この夏、お茶や料理など暮らしにハーブを取り入れて、暑気払いしてみるのもいいですね♪

郡司 華子(ぐんじ はなこ)さん

株式会社プレザンス 代表取締役
4年間のフランス留学時代にハーブに親しむ。日本でも有機ハーブティーの良さを知ってもらいたいと2012年会社設立。フランスと日本の文化の橋渡しを担う。3才の男の子のママ。

南フランスセヴェンヌ地方の標高450mにある10ヘクタールの畑で栽培。

午前中の家仕事がひと段落したら、自分のためにハーブティーを。癒されます。

おやつもハーブティーを活用

ハーブティーのデザートはのど越しがよく、夏におすすめです。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  2. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  3. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  4. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  5. 一緒に体を動かして健やかな心をのばす「親子体操」で、もっと子どもとふれあおう!

    体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…

話題の記事

  1. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  2. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  3. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  4. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  5. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
ページ上部へ戻る