忙しいママにおすすめ!時短&つくり置き料理のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ワーキングマザーが増えてきている昨今、毎日のご飯づくりに“時短“が必要不可欠です。そんな忙しいママにおすすめなのが、「つくり置き」。家事代行サービス「CaSy(カジー)」のキャストさんに、時短&つくり置き料理のコツについて教えてもらいました。

つくり置き料理を行う時は細菌の繁殖を防ぐ工夫を

育児、家事、そして仕事と、忙しいママにとって、毎日のご飯づくりはひと仕事。ご飯づくりの後も、後片付け、お風呂、寝かしつけ…息つく間もありません。こんな日々を少しでも改善するのにおすすめなのが、「つくり置き」。まとめて料理をすることで手間が省け、外食回数も減るため食費の節約にもつながるのに加え、多種類の食材を使い栄養バランスもよい…など、たくさんのメリットがあります。

つくり置き料理は“日持ちがよいこと”が第一条件なので、自宅でつくり置き料理をする場合は、①いつもより濃いめの味で浸透圧をあげる、②水を少なくする、③レモンの酸味をうまく活用するなど、細菌の繁殖を防ぐ工夫を。分量を増減したり調味料を変えたりなどアレンジを加えるだけで、カンタンにできるのです。

だし汁は多めにつくり冷蔵庫で保存

つくり置き料理を「時短」でつくる時のポイントは、3つあります。1つ目は、前倒しできる処理は前倒ししておくこと。だし汁などは事前に多めにつくり、冷蔵庫で保存しておけば、次の料理の時に手間いらずで使えます。また、キャベツ、レタス、ホウレンソウなどの葉もの野菜はさっとゆでて冷凍し、ステンレスのバットなどで保存しておくと使いやすいでしょう。

材料をまぜる時はボウルでなくポリ袋を使う

2つ目は、料理の段取りを考え、調理器具をあまり使わずムダな汚れものを増やさないこと。まな板などを使うと洗い物が増えてしまうので、たとえば鶏のささみなどは、塩ゆでしてから鍋の中でほぐし、包丁を使わずに手でさく…などの工夫を。材料をまぜる時も、ボウルのかわりにポリ袋を使うようにすると洗い物が増えません。

3つ目は、電子レンジなどの家電を上手に活用すること。野菜はお湯でゆでると栄養素が溶け出してしまいますし、手間も時間もかかります。耐熱容器に入れ電子レンジでチンするなどして時短の工夫を。

食材はまとめて買うのがポイント

食材は、週末など時間があるときに1週間分などまとめて買うようにすると、さらに効率よく、余裕をもって料理ができるようになります。まとめ買いによって食費の金銭感覚がつかみやすく、節約にもつながります。家族の健康のために、栄養バランスも考えながらつくり置き料理を楽しみましょう。

松本 伸明(まつもと のぶあき)さん
遠藤 真弓(えんどう まゆみ)さん

株式会社CaSy料理代行キャスト
松本さんは元銀座老舗フレンチのシェフ、遠藤さんは管理栄養士。共にCaSy料理代行の人気キャスト。

鶏肉のトマト煮

20分でできる!つくり置き“時短”レシピ

こちらも便利!時短料理のすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  2. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  3. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  4. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  5. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…

話題の記事

  1. 見学してきました! Tさん親子 まだ保育園にもないようなアイデアや工夫に…
  2. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  3. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
  4. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  5. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
ページ上部へ戻る