ママと子どもの体にやさしい食材選びのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

子どもや家族の健康は、日々の食事から。母親目線で厳選したオーガニック食品を販売する、株式会社ブラウンシュガーファースト代表の荻野みどりさんに、楽しみながらできる食材選びのコツを教えてもらいました。

ママが選ぶ食材が子どもの体をつくる

妊娠中や子育て中のママ達は、「子どものために安心・安全な食材を選びたい」と考えていると思います。私も、食について深く考えるようになったのは出産がきっかけでした。母乳育児をしていたのですが、甘い物をつい食べすぎてしまったところ、子どもに便秘や湿疹が出てしまったんです。「子どもの体をつくるのはママである私が選ぶ食べ物なんだ」と実感し、食と真剣に向き合うようになりました。

旬の食べ物から自然のパワーをもらう

「体にやさしい食材を」というと、「なんだか大変そう」「どう選べばいいか分からない」と思う人もいるかもしれません。そんな時は難しく考えず、まずは旬のものを積極的に食べるようにしてみましょう。

例えば夏野菜のキュウリが体にこもった熱を取り除いてくれるように、旬の食べ物には、その時期に体が必要とする働きが備わっています。今は季節に関係なく、一年中いろいろな食材が手に入る時代ですが、旬でないものを育てるには、どうしても不自然に手を加える必要が出てきます。その季節の太陽や土や水、自然の循環の中で生まれた食べ物を選ぶこと。その延長線上に、家族の健康や食への考え方が育まれるのではないでしょうか。

食選びは子どもの未来を守ること

オーガニック食品とは、簡単にいうと、農薬・殺虫剤を使わずに育てられた農産物のことです。私たちブラウンシュガーファーストでは、さらに踏み込んで、生産地の周辺環境や製造工程、労働環境までチェックした商品づくりを行っています。

日々の食事にオーガニックを取り入れることは、「体にやさしい」というメリットがあります。でも、それと同時に大切にしたいのが、その食品をつくる過程で、土や水を汚していないか、ということ。そう考えると、オーガニック食品を選ぶことは、子ども達の未来の環境を守ることにもつながるんです。子ども達が大人になった時に、今と同じように、採れたての野菜を「美味しいね」と食べられる世の中であってほしい。そうやって、少し未来に目を向けた食材選びをすることも大切なのではないか、と思っています。

上手なバランスで“きちんと手抜き”を

とはいえ、食べるもの全てをオーガニックにするのはハードルが高いですし、「きちんと手づくりしなきゃ」「あれは食べちゃダメ」と考えてばかりでは疲れてしまいますよね。

ママ達には、無理をせず、“きちんと手抜き”をしてもらいたいと思います。子どものオムツをチェックすれば、「便秘気味かな」「水分や野菜が足りていないかな」と、何となく分かりますよね。食は「取り入れること」と同じくらい「出すこと」も大切。余分なものを体外に排出するためにしっかり水分をとる、白砂糖や油ものを食べすぎたと思ったら少し控える、など、普段の生活の中で上手にバランスをとっていきましょう。

食を楽しみながらゆるやかな変化を

普段の買い物の時に「何を買うか」という選択を少し変えるだけで、子どもや家族の未来が変わってくる。そういった ゆるやかな変化 を楽しもうと思えば、なんだかワクワクしてきませんか?私たちブラウンシュガーファーストも、そんな選択肢をたくさん用意したいと思っています。

例えばお子さんのおやつをつくる時などに、バターの代わりにココナッツオイルを使うのもおすすめです。今回ご紹介する「基本のマフィン」は、ナッツやフルーツを入れたり、甘さを控えめにして食事にしたりとアレンジも自由自在。とても簡単につくることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

『子どもから大人まで ココナッツオイルのヘルシーおやつ』(講談社)

荻野(おぎの) みどりさん

株式会社ブラウンシュガーファースト代表取締役社長
出産を機に、厳選食材での手づくり菓子店「BROWN SUGAR 1ST.」を2011年創業。「わが子にたべさせたいかどうか?」を基準に、オーガニック食材の輸入・販売を行う。ココナッツオイルを使ったレシピ本(写真)も好評。5才の女の子のママ。

おやつにも食事にもOK!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 家庭での効果的な対策最新情報!

    この冬の部活動のテーマは「冬の感染症対策」 先日行われたらくらく除菌部最初の勉強会のテーマ…
  2. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  3. 絵本作家 のぶみさんの子育て論「ママは“ずぼら”なほうがいい!」

    大好きなママが死んでしまうという衝撃的な内容の『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)で有名な…
  4. 話題のリトル・ママフェスタに行ってきました!

    五反田で初開催するとのことで2017年9月19日・20日の2日間で行われた話題の「リトル・ママフ…
  5. 「ママと一緒」だから伸びるおうち知育のススメ

    「幼児教育に興味はあるけれど、なにが子どもに合っているのかわからない」「下の子がまだ小さいの…

話題の記事

  1. 家族でスキーを楽しみたいけれど、まだ子どもが小さいから行けないかな…と悩んでいるママ必見!小さな…
  2. 発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  3. 体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…
  4. 「ママ業に休みはないけど、ママだってたまには息抜きしたい…」 でも、子どもが小さいうちはなか…
  5. うるおっているようで意外と乾燥しやすい赤ちゃんのお肌。一方、ママも子育て中はなかなか…
ページ上部へ戻る