季節到来!インフルエンザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不足の原因と共に、予防法や流行予測について聞きました。

取材協力▶︎しんどう小児科(城南区神松寺) 進藤静生院長

ワクチンの不足とその原因

インフルエンザワクチンにはA型2種類とB型2種類の計4種類の抗原が含まれています。そのシーズンの流行を予測し、約2年かけてワクチンを製造するのですが、今回その過程で抗原のひとつを充分に増殖させることができず、急きょ別の抗原に切り替えることになりました。その結果、製造が遅れ、今年はインフルエンザワクチンが不足するのではないかといわれています。例年なら10月頃には十分に供給されるのですが、今年は12月頃になる可能性があるのです。

だからといって、早く予防接種を受けようと多くの人が病院に殺到すると、乳幼児や妊婦をはじめ、呼吸器疾患や心疾患など、重症化しやすいといわれる優先すべき人たちがワクチンを受けられなくなります。まずは自身で予防を徹底し、状況を見ながら接種しましょう。

やはり予防が一番大切

インフルエンザの予防には、なるべく人ごみを避け、手洗いやうがいは帰宅する度に1日何度でも行うことが大切。加湿器などを利用して室内の湿度を保つことで、インフルエンザウィルスが死滅するともいわれています。また、免疫力を上げるためにバランスの良い食事や睡眠をしっかり取るなど、日頃の生活習慣を見直しましょう。

インフルエンザは、かかった人が咳やくしゃみをすると、ウィルスが2mほどの範囲に飛び散り、吸い込むことで感染が広がります。かかった場合は、マスクを着用するか、ハンカチで口元を押さえるなど、周囲へのマナーを守りたいものです。

流行のピークは1月中旬か?

流行を予測するのは難しいのですが、ここ数年は1月中旬から下旬にかけてピークを迎えているようです。昨シーズンはインフルエンザA型にかかる人が多かったため、今年はB型が多く流行するかもしれません。とはいえ、1シーズンに数回インフルエンザにかかる人もいるので、実際のところ、どの型が流行するかわかりません。インフルエンザは急な発熱(38度以上)や悪寒、頭痛、筋肉痛など全身の症状が特徴で、やはりかかると辛いものです。まずは予防を徹底し、ワクチンの不足が解消されている状態であればワクチンを接種しましょう。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 生まれつきのアザ 乳幼児から治療できます

    お子様と来院された親御様から「アザは成長と共に薄くなると言われたけど薄くならない」、大人の方…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  2. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
  3. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
  4. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  5. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
ページ上部へ戻る