どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。

「子どもはかわいいけど、育児に奮闘する毎日になんだか気分が落ち込んでしまう…」そんな悩みを持つママも多いのでは?

筆者も2児の子育て中ですが、両実家が遠方のため、育児で頼れるのはパパだけという状況。特に、赤ちゃん期は外出も思うようにできず、育児で抱えるストレスや辛い気持ちをなかなかパパにわかってもらえなくて喧嘩してしまうこともたくさんありました。

休みがないママにストレス解消をすることは難しい?
そんなことはありません!自分に合ったストレス解消法を見つけて、うまくストレスを溜め込まないよう心がけましょうね。
今回は、ママにおすすめのストレス解消法をご提案いたします♡

子供と一緒に参加できる習い事を見つける

子育てサークルなど、気軽に参加できる場がたくさんあります。
「人見知りでなかなかママ友ができない…」と悩むママも、先生や主催者がいる場であれば、話すきっかけを作ってくれるので、ママ友を作りやすいはず。

子ども連れOKのママの習い事を見つけるのもおすすめ!
習い事の仲間ができますし、ママ自身が趣味ややりがいを持つことでストレス解消につながりますよ。

ちなみに、筆者はダンスを独身時代から続けていますが、今も子連れで通えるママダンスサークルで趣味のダンスを続けています。
周りも子連れなので、誰かが泣いたら代わりに抱っこするなど、協力しながら練習に励んでいますよ!家にこもりきりの毎日よりもはるかに充実するはずです♡

ママが始めやすい習い事なら、フラダンス、ヨガなどがおすすめ!
ゆったりとした音楽に身を預けて、心身ともにリラックスできますよ♡
是非、お近くの子どもと通える習い事を調べてみてくださいね!

思い切って、パパに子どもを預けて外出する

「まだパパに預けられなくて、一人で外出なんてできない!」と悩んでいませんか?
ママだって出産してすぐは子育てに慣れなくて大変だったはず。毎日たくさんの時間を子供と過ごしていく中で、子育てのコツを掴んでいき、だんだん余裕が生まれてきたのではないでしょうか。

「パパなんだから、同じように頑張ってよ!」と求めても、子どもと過ごす時間が圧倒的に少ないママとは、同じようにいくはずはありません。赤ちゃんも慣れないパパとの時間が不安で泣いてしまいます。

パパに預けられないママは、パパと赤ちゃん2人きりの時間を少しずつ作ってみましょう!パパも少しずつ自信がつき、赤ちゃんもパパとの時間が大好きになるはずですよ。

そして、なにより、ママが1人きりになる時間を作るのが1番の目的!
1人で近所のカフェでお茶するも良し、美容室に行くも良し。1人時間を作ることで、ストレス解消して、気分をリフレッシュさせましょう!
そういう時間を持つことで、またさらに子どもと旦那さんのことが好きになるはずですよ♡

近所の一時保育や子育て支援サービスを利用する

「子育てはママが頑張らなくちゃ!」そう思って、肩に力が入っていませんか?

実家が近くにあり、すぐに頼れる人がそばにいれば、ママもホッと一息つけますが、そういう環境下で子育てしていない人も多いですよね。

子どもはママからたくさんの愛情を受けていますが、時に激しく泣いたり、時にわがままを言ったりと、なかなか思うようにはいかないもの。ストレスが溜まりすぎて子どもに当たってしまう…なんてことになっては、毎日を笑顔で過ごせなくなってしまいます。

「子育てはママが1人で頑張るもの」そう決めつけないで、近所の保育園の一時利用や子育て支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか?
子どもも最初はママから離れたくなくて泣いてしまいますが、先生や他の子どもたちと一緒に遊ぶようになりますよ。ママも驚くほど、子どもの順応性は高いものです!ママの休憩時間を作ることも、ストレス解消法への第一歩ですよ。

同じ月齢でも子供によって個性は違います。成長スピードも個人差があります。

子育ても同じです。同じ時期に妊娠し出産をしても、子どもの性格や成長によって、育児に苦労するタイミングは異なります。ストレスを抱えるタイミングもママそれぞれなのです。

「子育てをしていてストレスを抱えるのはいけないこと」そう自分を責めることは全く必要ありません。だけど、どうすればストレスが解消できるのかを考えて、自分に合ったストレス解消法を見つける努力はしたいですね!

1人で抱え込まず、笑顔で楽しく子育てしていきましょうね!

ライター:土井えりか

結婚を機に仕事を辞めてから、一男一女のママになり、専業主婦を4年半。一念発起し、未経験でライターに転身。趣味はネイルとタヒチアンダンス。「ママになっても自分の人生で輝く」をモットーに、日々を楽しんでいます。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 家庭での効果的な対策最新情報!

    この冬の部活動のテーマは「冬の感染症対策」 先日行われたらくらく除菌部最初の勉強会のテーマ…
  2. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  3. 絵本作家 のぶみさんの子育て論「ママは“ずぼら”なほうがいい!」

    大好きなママが死んでしまうという衝撃的な内容の『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)で有名な…
  4. 話題のリトル・ママフェスタに行ってきました!

    五反田で初開催するとのことで2017年9月19日・20日の2日間で行われた話題の「リトル・ママフ…
  5. 「ママと一緒」だから伸びるおうち知育のススメ

    「幼児教育に興味はあるけれど、なにが子どもに合っているのかわからない」「下の子がまだ小さいの…

話題の記事

  1. 間もなく大掃除シーズン!でも、子どもが生まれてから、部屋が片付かなくなりますよね。その要因はおそ…
  2. 「ママ業に休みはないけど、ママだってたまには息抜きしたい…」 でも、子どもが小さいうちはなか…
  3. うるおっているようで意外と乾燥しやすい赤ちゃんのお肌。一方、ママも子育て中はなかなか…
  4. 発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  5. 体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…
ページ上部へ戻る