3兄弟の子育てに毎日奮闘中!わが家のモットーは「一日一笑ほのぼの家族」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年にものまね芸人、原口あきまささんと結婚し、現在は5才・3才・1才の3人の男の子のママである原口めぐみさん。賑やかでいつも笑いが絶えない、「原口家の子育て」についてお話を聞きました!

撮影/古谷利幸 取材・文/加藤朋実

男の子ばかり3人の子育ては、毎日がとても賑やか。3人とも体を動かすことが大好きなので、日中はできるだけ外へ出て遊ぶようにしています。ドライブしながら遠くにお出かけしたり、公園で1日中泥だらけになったりすることも多いんですよ。

パパがお休みの日は、遊びももっとダイナミックに。自転車やキックボードを持って公園などに出かけ、みんなで走り回っています。パパは読み聞かせなどもよくしてくれるんですが、ものまねをしながら読むので子ども達も大笑いしています(笑)。

原口家のモットーは「一日一笑 ほのぼの家族」。たとえ嫌なことがあっても毎日笑顔を絶やさないようにしよう、と心がけています。 お兄ちゃん2人は兄弟ゲンカも多くて、お互いに手が出てしまうこともしょっちゅう。そんな時は「やめなさい!」と叱るのではなく 実況中継 をするようにしています。「おおっと、ケンカが始まりました。今のは一体どちらが悪いんでしょうか!?」って。そうすると笑いが起こって、「ごめんなさい」も素直に言えるようになるんです。

ほかにも、子育てをしていると、子どもがなかなか言うことを聞いてくれない時ってありますよね。出かける時間が迫っているのに身支度をしない、とか、使ったおもちゃを片付けない、とか。そんな時も、「早くしなさい!」ではなくて“実況中継”。「出発の時間が迫っておりますが…おや?まだパジャマを着ているようですねぇ…」などと言うと、私自身も楽しいですし、子ども達も遊び感覚で取り組んでくれます。

原口めぐみ
10代の頃より芸能活動を開始し、テレビ・映画・舞台を中心に活躍。2010年にものまね芸人原口あきまささんと結婚。同年チャイルドボディセラピストの資格を取得。現在は3人の元気な男の子のママとして毎日奮闘中!!その等身大の子育てがママたちの共感を呼ぶ。

気分転換になっているのは本や雑誌、SNSです。同じように子育てを頑張っているママ達の姿に、いつも元気をもらっています。女性らしくキラキラ輝いているママを見て「私もキレイにしなくちゃ」と刺激を受けることも。元々メイクやヘアアレンジが大好きなので、そういう時間を持つことが、いいストレス解消になっています。

子育ては、みなさんそうだと思うのですが、やはり大変なことも多く、三男を出産した時はその後数ヵ月の記憶がないくらいでした(笑)。でも、試行錯誤を繰り返しながら、ようやく少しずつ余裕が持てるようになってきたかな、と最近思います。子ども達が遊んでいる姿を見て、ふと気づくと自分も笑顔になっていて…。「この子達のママになれて良かった」と心から思います。彼らが大人になった時、一緒に笑顔で過ごした思い出を少しでも覚えていてくれたら、嬉しいですね。

原口家の“一日一笑”ルール

  1. 兄弟ゲンカは“実況中継”で笑いに変える
    兄弟ゲンカが始まったら、ユーモアたっぷりに“実況中継”。ガミガミ叱るより効果的なんですよ。
  2. 時には家の中でピクニック気分
    家の中にテントやレジャーシートを広げて、ピクニック気分で食事をすることも。雰囲気が変わると、苦手なおかずもパクパク食べてくれます。
  3. お風呂は兄弟で遊びながら
    お風呂は子ども達3人と一緒に。顔に水がかかると大泣きしてしまう三男も、お兄ちゃん達と遊べばすぐに笑顔に。
  4. 転んでも焦らず気を紛らわす
    転んで泣きそうな時は「泣かないなんてすごい!カッコいい!」と大げさに褒めて、気を紛らわすように。痛いのも意外とすぐに忘れちゃいます(笑)。
  5. 子どもの前でパパの悪口は言わない
    パパもケンカや言い争いが苦手なタイプ。パパがいないところでも、子ども達の前で愚痴や悪口は言わないのがマイルールです。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 秋〜春はアザ治療の ベストタイミング

    お子様のアザで悩む親御様は多いのですが、子どものアザは、成長とともに薄くなるものとならないも…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
  2. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
  3. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  4. お子様のアザで悩む親御様は多いのですが、子どものアザは、成長とともに薄くなるものとならないも…
  5. 糟屋郡志免町にある筑紫クリニックとリトル・ママによる、ママ&プレママ向のファミリーイベントが初開…
ページ上部へ戻る