親子で一緒に「あそぼう!もっとつながろう!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“たにぞう”の愛称でもおなじみの創作あそび作家、谷口國博さん。Eテレ「おかあさんといっしょ」の『ブンバ・ボーン!』をはじめ、大人も子どもも笑顔になれる「あそび」について語ってもらいました。

たにぞうさんが教えてくれた親子あそび

  • 1
    『くるくるくるっ』

    親子でコミュニケーションできる指あそびです。はじめは1本指で、どんどん指の数を増やしながら拍手!しっかり目を見てあげることで子どもは安心します。

  • 2
    『バスにのって』

    おなじみの曲にのせて、ママやパパがバスに変身!ロック調のノリノリのリズムに、子どももきっと大喜び。思い切りオーバーアクションで楽しみましょう。

  • 3
    『かいてんずし』

    左右にゆらゆら抱っこ。姿勢が丸くなりがちな子どもにとって、体を伸ばす動きは気持ちがいいようです。0~2才は「高い高い」も親が手を離さないのが基本です。

谷口國博(たにぞう)さん

みんな大好き!『ブンバ・ボーン!』の生みの親あそびの達人

東京都の保育園に5年間勤務した後、フリーの創作あそび作家に。NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」『ブンバ・ボーン!』の作詞・振付、「おとうさんといっしょ」遊び指導など幅広く活躍。コンサートや講習会を全国各地で開催するほか、雑誌や新聞にあそびやエッセイなどを執筆中。

僕がつくっているのは「親子がつながるあそび」。コンサートでもただ歌を聴いてもらうだけではなく、子どもがママやパパの膝の上であそんだり、ハグしてもらったり、というのがメインになります。どんなあそびでも、やっぱり一人じゃつまらないですよね。「誰かとうれしさを共有する」「誰かが見てくれる」っていう楽しさを、小さい頃から知っていてほしいんです。

どうやったら子どもが笑顔になるだろう、もっと面白いことはないかな、って、いつもアンテナを張っています。『ブンバ・ボーン!』をつくっていた時も、スタッフの一人が「オカピのリュックを背負った子を見た」って。そこから、あの「アルパカパカパカちょっとオカピ」のフレーズが生まれました。

面白いことや感動って普段見落としがちだけど、実は身近にたくさんあるんですよ。子どもだって、ママやパパが笑っているだけで十分楽しいはずです。大切なのは気持ち。親が本当に楽しいと思うことが、子どもにとっても最高のあそびになるんです。

子ども達には、いろいろなものに直接出会う体験を増やしていってほしいと思います。それはもちろん生の音楽だったり、本物の味だったり。音楽の力ってすごいですよ。僕はいつも歌より先にあそびをつくるんですけど、やっぱりリズムが楽しくないと盛り上がらないですから。

リトル・ママフェスタでは、生の音楽とダンスのエネルギーをたっぷりと届けます。みんなで一緒に、あそびを楽しみましょう!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 子どものアザや傷痕の治療について

    昨今、アザ治療と同じくらい、火傷・傷痕の修正治療の相談が増えています。生まれつきのアザのほか…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 見学してきました! Tさん親子 まだ保育園にもないようなアイデアや工夫に…
  2. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  3. 糟屋郡志免町にある筑紫クリニックとリトル・ママによる、ママ&プレママ向のファミリーイベントが初開…
  4. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
  5. 昨今、アザ治療と同じくらい、火傷・傷痕の修正治療の相談が増えています。生まれつきのアザのほか…
ページ上部へ戻る