「その子らしさ」を受け入れて-すべてのママに知ってほしい “これからの子”の育て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みんなが生きやすい社会って?
その答えを求めて、障がい者や性的マイノリティの方々を支援しているお2人に話を聞きました。「どんどん変わりゆく社会に適応できる子」を育てたいママに、知ってほしい話です。

「その子らしさ」を受け入れて

私は、小さい時から女の子の友達が多く、お人形ごっこが好きでした。母からは、いつも「なよなよしている」「お兄ちゃんのように男らしくなりなさい」と言われていました。

思春期にゲイだと自覚してからは、周りにバレないかびくびくしながら過ごすように。親に30才でカミングアウトし、「応援するから」と言ってもらえた時の、心の解放感は言い表せません。親に認められて初めて、他人を信頼する気持ちが生まれました。自分の経験からも、親の理解が子どもの人生を大きく左右すると実感しています。

LGBT(※1)とも呼ばれる性的マイノリティは、人口の7・6%(※2)と言われています。1クラスに2~3人はいる計算になりますね。ただ、注意してほしいのは、「男勝りで、男の子しか友達がいない女の子」がLGBT…というような単純な話ではないということ。その子はただの活発な女の子かもしれません。また、着せ替え人形やピンク色が好きな男の子もいれば、戦隊ものや青色が好きな女の子もいます。

親は、子どもが感じていることをそのまま受け入れる勇気を持ち、「何があってもあなたの味方」というメッセージ送り続けることが大切です。そのことが、子どもの精神を安定させ、自己肯定感を育みます。それは、LGBTだけでなく、全ての親子関係に共通することだと、私は思っています。

九州レインボープライド実行委員会代表 のぶゑさん

差別や偏見から子どもたちを守り、前向きに自分らしく生きていける社会の実現を目指す「九州レインボープライド」のパレードを開催(2017年は11/5予定)。LGBTの周知に向け教育機関での講演なども行う

※1 LGBT レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの頭文字で、性的マイノリティの総称のひとつ
※2 電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2015」より

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 子どもの先天性のアザは悩まずに早めの治療を

    子どもの先天性のアザで悩まれている親御様も多くいらっしゃいます。 産婦人科や小児科で相談し…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 糟屋郡志免町にある筑紫クリニックとリトル・ママによる、ママ&プレママ向のファミリーイベントが初開…
  2. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  3. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
  4. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
  5. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
ページ上部へ戻る