いつから?何する?3才からの習い事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

幼稚園や保育園に通い始める時期でもある3才以降は、習い事を始める絶好のチャンス! 気になるみんなの習い事事情やおすすめの習い事をご紹介します。

企画/トミザワヒナ 取材・構成/山﨑恵子

習い事スタートのピークは3・4才

リトル・ママ読者へのアンケートによると、習い事を始めた年齢のピークは3、4才。集団生活の基礎を身に付け始める時期であるとともに、ピアノなど道具を使う習い事では、この年齢から受け入れがスタートする教室が多いことも関係していそうです。

習い事をさせているというママの中では、2つ以上の教室に通わせているという答えが半数以上。習い事にかける金額のボリュームゾーンは5千~2万円なので、1つの習い事の月謝は数千円、高くても1万円までというママが多そう。予算は抑えたいけれど、小さいうちからさまざまな習い事に触れさせたいというママたちも多いのかもしれませんね。

習い事の内容は、スイミング・体操などのアクティブ系と、小学校の英語必修化が気になる英語、通信教育を含む学習系が3本柱。身体と頭をバランスよく伸ばしたいというママたちのニーズが見えてきます。

Q.習い事を始めた年齢は?

  • 0才
    9.7%
  • 1才
    9.7%
  • 2才
    10.8%
  • 3才
    22.4%
  • 4才
    25.6%
  • 5才
    10.8%
  • 6才
    11.0%

Q.習い事にかける1人当たりの月単位の金額は?

Q.習い事人気BEST 5

  • 1スイミング
  • 2バレエ・ダンス・体操系
  • 3英語・英会話
  • 4ピアノ・音楽・リトミック
  • 5幼児教室・学習塾

2017年12月号・習い事アンケート

“一粒で二度おいしい”
鉄板+αの習い事4選

1つの習い事で複数のスキルを身につけさせたい! そんなよくばりママにオススメな習い事をご紹介します。

  • ココロとカラダを豊かに育む「スイ育」

    オリンピック選手を育てたスクールならではの、指導力の高いコーチ陣が年齢・個性に合わせたレッスンを実施。好奇心をかき立てる授業で、ココロとカラダを豊かに育んでいきます。

    月謝目安: 7,500円~(税別)

    問い合わせ: https://www.itoman.com

    – イトマンスイミングスクール

  • 楽しみながら英語に親しめる!全米No.1評価の体操教室

    ネイティブインストラクターが英語で行うフィットネスクラブ。生後6週間から各月齢に必要不可欠な運動能力を育成します。楽しみながら、自然と英語力や自信、ものごとに挑戦する積極性を身につけられます。

    月謝目安: 20,000円~(税別)

    問い合わせ: https://www.mygym.jp/pc/

    – MyGym

  • 小学校以降の“学びにつながる”豊かな遊びの経験

    子どもにとって親しみのあるレゴ®ブロックを使う遊びを通した学びを提供。やり遂げる力、周囲と協力する力、失敗を次に生かす経験など、この時期にぜひ身につけておきたい“学びのスキル”を身につけることができます。

    月謝目安: 9,500円~(税別)

    問い合わせ: http://b-e-l.jp/

    – レゴスクール

  • 「できたらいいな♪」が「できた!」に変わる!!

    興味・関心を刺激する教科横断型の「テーマ楽習」で「できた!」を実感。 「アクティブ・ラーニング」の手法で、今後、学校教育でも重視される“主体的・対話的で深い学び”に向けた姿勢を育むことができます。

    月謝目安: 8,000円~(税別)

    問い合わせ: 0120-415-255/http://www.415255.com

    – ドラキッズ


この内容はリトル・ママ全国版2018年2月号に掲載しています

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  2. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  3. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  4. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  5. 一緒に体を動かして健やかな心をのばす「親子体操」で、もっと子どもとふれあおう!

    体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…

話題の記事

  1. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  2. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  3. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  4. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  5. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
ページ上部へ戻る