親子で?ママ向け?0・1・2才の習い事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかもしれません。実際のところはどうなのか、東京近郊や静岡県などで展開されている地域密着型・ママのための子育て学校「mamagaku」の学長・新井美里さんに0・1・2才の習い事についてお話を伺いました。

取材・文/トミザワヒナ

誰のため?0・1・2才の習い事

リトル・ママ読者へのアンケートでは、この年代で習い事を始めさせたママは全体の3割程度。「子どもとの物事の接し方の根本を教えてもらえた気がする」(やまさん)「私も仲良くしてもらえる友達ができた」(やねやねさん)など、この年代の習い事には子どもにとっての効果の他、ママたちが得るものも多いようです。

「0〜2才ママにとって習い事というのは、“共同養育(みんなで協力して子育てすること)”の役割をしてくれるもの。(習い事を)同じ年代の子どもを持つママと知り合える、ママ友を作るきっかけにしてほしい」と新井さん。「ワンオペ育児」や「孤育て」など、ママたちが孤独感を感じながら子育てに取り組んでいることが問題となっている昨今。ママが心に余裕をもって子育てを楽しむためのツールとして習い事を活用するのも一つの手なんですね。

「勉強だけできればOK」の時代はもう終わり?!

アンケートでは、習い事のおかげで英語の発音が上達した、字が書けるようになったなど、何かを“覚えた”ことに関する喜びの声がたくさん。この年代の子どもはとても吸収が早いので、教えれば教えるほど、面白いように習得してくれるんですよね。

でも、「2020年からは、文部科学省が定める学習指導要領も“生きる力の教育”を重視するようになります。これからの子どもにとって大切なのは、“早く覚える”ことではなく、主体性・社会性・コミュニケーションといった能力なんです」と新井さん。これまでの「勉強さえできればOK」の時代は終わり、赤ちゃんの頃から一人ひとりの個性を尊重し、伸ばしていく教育が必要とされるようになっていくんだそう。

今目指したいのは、“生きる力”を持った子ども

「2才の天才児と、自分で考えて行動できる18才、どちらがいいですか?」と新井さんは問いかけます。アメリカのデューク大学教授、キャシー・デビッドソン氏による「2011年にアメリカで小学校に入学した子どもの65%は大学卒業時、今はまだ存在していない職業につくでしょう」 という発言が話題となってから5年あまり。これまでにない変化の時期を迎えた社会を生きる子どもたちには、目先の学力以上に、“生きる力”を身につけるための教育が必要だと考えられるようになってきました。

子どもたちを取り巻く教育環境も大きく変わっていく中、ママたちができるのは、子どもたちが“自分でやりたいことをとことんやって、人生を楽しめる人間になる”ための下地づくりです。もちろん、考える力の基礎になる知識や教養も必要となりますが、まずは子どもたちの興味の芽を摘まず、個性を発見して伸ばしてあげること。そのためには、ママ自身がありのままの子どもの姿を受け止め、親子のきずなをしっかりと築くことが大前提となります。

ただでさえ0~2才は親子関係の土台を作るとても大切な時期。習い事を始めるのであれば、親子のきずなを深めるとともに、子どもたちがよりよい未来を迎えるお手伝いができるようなものを選んであげたいですね。

お話を伺ったのは

新井美里さん(mamagaku主宰・学長)

mamagakuでは年間3,000人以上の母子(0~3才)を対象に講義を行う。テーマは“のびのびと生きる力を育むための家庭教育法”“子どもの個性と才能の発見と伸ばし方”“生きる力を育むための教育と大学入試の大きな変化”など。プライベートでは二女一男の母。

この時期だからこそ!
ママ&ベビーで楽しむ習い事

何人目であってももっともママ&ベビーが濃密な時間を過ごすこの時期。宝物のようなこの期間をもっと楽しく豊かにしてくれる教室をご紹介します。

  • 子育ての不安・悩みを楽しさに変えよう!

    「さらしおんぶ」や「おむつなし育児」など、ママが子育てを学び楽しむための講座がいっぱい。ニコニコクラス(生後6カ月前後)、ヨチヨチクラス(1才前後)の半年講座では、自ら学び成長する子どもに育てるためのヒントとコツを伝授します。

    料金目安: 540円(税込、1回)

    問い合わせ: http://mamagaku.com/

    – mamagaku

  • 妊娠期から楽しめる!親子で楽しむスイミング

    妊娠16週から通えるスイミングスクール。出産後は、生後6ヵ月からのベビースイミング、3才以上の幼児コース/親子コースも。親子で通えるコースは、ママだけでなくパパと一緒に通う子どもも増えているそう。

    月謝目安: 7,000円前後(週1回の場合)

    問い合わせ: https://www.central.co.jp/

    – セントラルスポーツ

  • 英語絵本で親子の時間をもっと豊かに

    いつでも好きな時に自宅で英語に親しめるBaby English Labo。英語の絵本とCDで、無理なく英語に触れられます。親子の時間をもっと楽しく! 英語に自信がないママも、英日の音声付きで安心です。

    料金目安: 24,000円(税別、6ヵ月配本、CDつき)

    問い合わせ: http://b-e-l.jp/

    – Baby English Labo
    (2018年4月スタート)

  • TOEメソッドで“子どもを伸ばせる”母になる!

    知能(IQ)・運動能力・心の面が育つ乳幼児親子教室。大脳生理学に基づくアクティビティで子どもの成長を促す方法を学びます。各コースには「育児ノウハウ」が身につくマザーリング(母親学講座)なども付属しています。

    料金目安: 14,000円(税別、週1回の場合)

    問い合わせ: http://www.babypark.jp/
    (無料体験レッスン受付中)

    – ベビーパーク


この内容はリトル・ママ全国版2018年2月号に掲載しています

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 子どもの先天性のアザは悩まずに早めの治療を

    子どもの先天性のアザで悩まれている親御様も多くいらっしゃいます。 産婦人科や小児科で相談し…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  2. 見学してきました! Tさん親子 まだ保育園にもないようなアイデアや工夫に…
  3. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
  4. 糟屋郡志免町にある筑紫クリニックとリトル・ママによる、ママ&プレママ向のファミリーイベントが初開…
  5. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
ページ上部へ戻る