岡山県・奈義町の少子化対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

町ぐるみで子育てを応援

岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義町。高齢化率が3割を超えたこの町ですが、2014年に日本トップクラスの合計特殊出生率2.81を記録、その後も高い出生率を保ち続けています。日本の出生率が1.44(2017年)ということを考えると、この数字は驚異的。その秘密を知るべく、視察に行ってきました。

2002年に住民投票で「合併しない」ことを決めた同町では、進む人口減少に危機感を持ち、歯止めをかけるために定住促進の政策に取り組みました。その一つに、「奈義町子育て応援宣言」があります。「子育てするならここで!」と官民一体となって取り組んだ政策で、出産前から高校卒業まで切れ目のない支援が特徴。2人目、3人目も産み育てやすい手厚いものとなっています。(表1)

表1: 「奈義町子育て応援宣言」関連施策の一例
不妊治療助成:県指定の医療機関で特定不妊治療を受けた夫婦に、費用の2分の1以内を通年5年間助成(年20万円が限度)
出産祝い金:子どもの誕生に際し、10~40万円を支給
保育料:第2子は半額、第3子以降は全額免除
預かり保育:幼稚園児は降園時から午後6時まで、月額6,000円で利用可。2人目は半額、3人目以降は無料
就学支援:高校生1人あたり年額9万円を在学中の3年間支給
医療費の無料化:18才まで、医療機関等での自己負担分を町が負担

それに加えて、町は以前から、「世代を超えた地域全体での子育て」に率先して取り組んできました。例えば、2007年に設立された地域ぐるみで運営する子育ての場「なぎチャイルドホーム」。平日9時から開放しており、毎日子ども達のはしゃぐ声と地域の大人たちの笑顔であふれています。誰でも気軽に利用でき、「病院に行きたい」などの事情に応じて一時預かりもしてくれるので、新米ママでも安心して子育てできる環境です。

子どもと大人が世代を越えて、交流できるチャイルドホーム。
「一時預かり事業」や、2才半~未就園児まで通える「自主保育」も

働きやすい環境も整備

また、町はママの働く環境の整備にも積極的です。例えば、仕事を外注したい事業所と、空き時間に仕事をしたい町民をつなぐ「しごとコンビニ」。登録すると仕事情報が届き、都合が合えば単発での仕事ができます。運営する「まちの人事部」では、スキルアップのためのパソコン塾なども無料で開催。さらに、都会の仕事を地方でもできるようにテレワーク事業も始めました。東京からIターンした、2人の子どもを持つ諏訪さんは「1日4時間、週4日くらいで働いています。経済的にも不安はありません。自分のペースでできるし、これからも続けたい」と話します。

町では、現場のニーズを行政がいち早くキャッチし、民間と一緒になって計画を立て、民間組織で実行しています。実際に足を踏み入れて感じたのは、スピード感のある官民の連携と、新しいことをポジティブに受け入れる現場の空気。町民の、町を守りたいという気持ちが様々な取り組みの核となり、この出生率に結びついているのではないでしょうか。

東京のスタッフとネットで繋げて行ったテレワーク説明会の様子。
遠隔でもスムーズに会話が進み、どのように仕事をしていくのかも体験できました
まちの人事部部長日下さんは、自身もママ。
「町に誇りを持つ人を育てたいという同じ考えの人が集まってくれたから、この仕組みを創生できました」

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  2. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  3. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  4. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  5. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…

話題の記事

  1. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  2. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  3. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  4. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  5. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
ページ上部へ戻る