イヤイヤ期に効いた魔法の言葉

 早い子では1才半ごろから始まるイヤイヤ期は、親にとって修行の日々。みんなはどんな言葉で子どもをなだめているのでしょうか?
 リトル・ママ読者の「イヤイヤ期に効いた魔法の言葉」を調査しました。

我が家の必勝フレーズ

◆「ママと競争、よーいどん!」は、だいたい乗っかってきてくれました。
◆着替えから食事まで何もかも2種類用意して選ばせる。「好きな方を選んで良いよ!」と言っていました。
◆お互いの心を落ち着かせるために「ママとギューしよう!」と言って抱きしめる。歯磨きを嫌がる時も、「終わったらギューしよう!」と言うとすんなり磨かせてくれます。
◆「そっかそっかー」とひたすら同調してうなずいていたら、子どもの方が諦めてくれました(笑)。
◆朝の準備にグズる息子に、パパが「今日も1日がんばろー!エイエイオー!」というとノリノリで出発。
◆「○○して」じゃなく「○○できる?」と聞く。
◆耳元で「鬼さん来るかもよ!早く○○しよっ!」とささやくと、本人も「しーっ!」っと言ってすぐ歯磨きしたり、布団に入ったりしてました。
◆お風呂を嫌がる息子を「お風呂電車がまいりまーす!」と、電車ごっこで連れて行く。トイレの時は「トイレ屋さんでーす!いらっしゃいませ♪」。終わると、「今日はポイント10倍デーです」。ノリノリで行ってくれるようになりました。

笑わせて気持ちを切り替える

◆「○○ちゃんのイヤイヤ虫をママが取るね!」と、お腹や背中をツンツン。笑い出して気分が切り替わったのか落ち着きました。
◆イヤイヤ言い出した時、私も「イヤイヤァ!!」と真似をしたら息子が「ハハハ」と笑ってイヤイヤ言わなくなりました(笑)。
◆「買って買って!」と駄々をこねた時、「買ってあげるからお金ちょーだい」と手を出す。笑いながら諦めてくれます。

ママは女優

◆手を繋ぎたがらない時、「ママは1人で歩くとはぐれそうで怖いから、手を繋いでも良い?」と怯えるような表情で。「もぉ、しょうがないなぁ」という感じで、高確率で成功してました!演技力が大事です(笑)。
◆実況中継風に「さぁ、〇〇選手、どうする?一番は、ズボンか?靴下か?おっと、上を脱いだー!」と張り切って言うと、自分で動いてくれました。
◆「あれ?なんかウルトラマンの声がした気がする」などと気をそらす。一日に何回もは通用しませんが。

最後に…悟りの境地

――ママたちの涙ぐましいあの手、この手…いかがでしたでしょうか?
「自分もやってたなぁ」というものから、「この手があったか!」というものまで、様々なアイデアが集まりました。

 最後に、こんなコメントも紹介します。

◆イヤイヤ期は何を言ってもダメ。見守るしかない。
◆「おやつたべる?」結局これがいちばん強い(笑)

 昨日は効いた手も、今日は効かない…。イヤイヤ期はそんなことの繰り返しですが、少しでも参考になればと思います。

(リトル・ママ編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

編集部おすすめ記事

  1. 方言で楽しむ絵本

    絵本で巡る言葉の旅 子ども達の口癖が「わたしそっくり!」と思ったことのあるお母さん、少なくない…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
  2. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
  3. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
  4. こだわり派が愛用するお砂糖 なぜ「茶色」なの? 「調味料を変えただけで、いつもの料理がグッと美味…
  5. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
ページ上部へ戻る