ご近所小だけじゃない!わが子に合った小学校の選び方

私立や国立の小学校では、各校の教育方針に沿った独自の教育が行われています。 「小学校受験」と聞くと身構えてしまいそうになりますが、子どもに合った教育環境を整える手段として考えれば、私立小を選ぶことは、負担よりもメリットが大きいかも。

学校選びは教育方針確認のチャンス

特色のある公立小学校が増えているようですが、子どもの個性や家庭の教育方針に合った学校探しをするならば、独自の教育方針を持つ私立小学校がおすすめです。 共学か別学か、校風、授業内容、教育施設など、私立小には多くの特徴があります。内部進学制度がある小学校では、受験に追われることなくゆとりのある学校生活を送れるのが魅力。英語やICT(情報教育)に力を入れたり、華道・茶道・邦楽・礼法など日本の伝統文化に触れる授業を行う学校もあります。学校についての情報収集と並行して、小学校に何を求めるのかという家庭の方針をじっくりと話し合いましょう。 受験を決めたら、実際に親子で色々な体験をしてください。動物園へ出かけるなら、動物が食事する様子を観察したり、お昼に食べるお弁当を一緒に作って、野菜の名前を憶えましょう。好きな野菜の苗を育てて収穫すれば、旬の季節もわかるようになりますよ。小学校受験への準備期間は、子どもと過ごす濃密な時間になるはずです。

NPO法人バンビーナクラブ代表松本裕子先生

目黒・世田谷・大田区を中心に幼児教育・リトミック・小学校受験・行動観察の指導、講師派遣を行う。子どもの個性を伸ばしながら「積極性」「協調性」「リーダーシップ」を身につける指導と、幼稚園・小学校受験に必要な能力開発が得意。リズムを楽しみ、指先を使って巧緻性の向上を促すリトミックは1才~。http://bambina-club.jp

公立・私立・国立 小学校の種類と特徴

公立

何よりも学校まで近いことがメリット。放課後近所の友達と気軽に遊んだり、習いごとや勉強に時間を費やすことができます。様々な価値観の家庭の子どもと交わることは、社会勉強にもなります。

私立

中・高・大学へと進むことが前提の一貫校、難関中学校受験を目的とした進学校、宗教の時間がある、校風が自由、スポーツに熱心などの特徴と、家庭の教育方針が合った学校選びが可能です。

国立

著名な先生による斬新な授業が受けられる学校、大学生が長期間教育実習を行う学校など、各校に教育機関としての役割があります。通学範囲に制限があり、考査に試験と1~2回の抽選があります。

知りたい!聞きたい!私立小受験のキホン

Q1.受験の準備はいつから始める?

11月から入試までの約1年間で準備する家庭が多いです。とはいえ、小学校の校風や教育方針をじっくりと検討できるように、学校見学や説明会・体験授業などは、年中の春から参加するのがおすすめ。子どもの成長具合や考査の内容によっては、2~3年間かけてゆっくりと対策するのもいいですね。情報収集には、口コミやインターネットを活用しましょう。

Q2.どんな試験があるの?

ペーパーテストで出題されるのは、季節の植物や公共の場所でのマナー、伝統行事などを問う常識問題、言語、数量、図形、お話や絵の記憶などです。ほかに、友だちとの関わりや生活態度などを見る行動観察、紐通しやリボン結び・箸使いなど手先の器用さを見る巧緻性、絵画、工作、口頭試問、保護者または三者面接など学校によって様々です。小学校で習うことになっている数字やひらがなを、回答欄に書くような問題は出ません。

Q3.受験に向けて家庭でできることは?

挨拶、言葉遣い、生活習慣など基本的なしつけ。親子で野外体験をするのも◎です。

Q4.学費はどのくらいかかるの?

授業料として約30~90万円。ほかに、施設費、教材費、給食費、後援会費等がかかります。

Q5.私立小に多いのはどんな家庭?

難関中学に入れさせたい、大学まで受験なしで行かせたい、など目的を持った方が多いです。

先輩ママの体験談

うちはコレで私立を選びました!

共働きなので中学受験は大変。一貫校なら、受験or内部進学を落ち着いて本人に選択させられると思いました。熱心な先生方の指導、授業内容、環境が気に入った学校を選びました。

Shining songさん

電車で通いやすい場所に、私立小が新設されたことがきっかけです。近所の友達を大切にしつつ、生活している地域以外の場所でも人間関係を築いて欲しいなと思っていたので。

Hiropyさん

礼儀正しく、学業にも熱心な子が多いので子どもを安心して学校に預けられると思ったから。受験を通して子どもとママが一緒に成長できたのがよかったです。

むつさん

私立小学校入学までのスケジュール

学校説明会

5月〜9月上旬頃

子どもの同伴は基本NG。事前申し込みが必要な学校もあるので、早めに確認しておこう。

公開行事

6月〜10月上旬頃

運動会や作品展、文化祭、バザー、授業見学、体験授業など。校風を肌で感じるチャンス!

願書手続き

9月〜10月中旬頃

説明会で願書が配布されない学校は、指定された日程で購入します。出願は、郵送や持参。

考査発表

10月〜11月下旬頃

神奈川・千葉・埼玉では主に10月に、東京都内では主に11月に考査が行われます。

4月

入学

関連記事

編集部おすすめ記事

  1. 何もできていない我が家の初めての家計・保険相談

    家計や保険の相談をしたことありますか?今回、リトル・ママスタッフがお金に悩めるママ代表として…
  2. “わたしたち”を主語に夫婦会議を始めよう

    結婚して、子どもが生まれて…。生活がガラリと変わる「産後」に、2人の意識のズレから起…
  3. 備えあれば憂いなし!「防災」について考えよう〜いま、私たちママにできること〜

    突然ですが質問です。「防災の備えはしていますか?」 「ライフラインが止まり、離乳食がなくてパニ…
  4. ぶきっちょママでも大丈夫!子どもが喜ぶおいしい!うれしい!秋の行楽弁当♪

    公園へ、野山へ、行楽地へ!秋はおでかけにぴったりの季節です。せっかくなら、いつもとはちょっと違う…
  5. 忙しいママにおすすめ!時短&つくり置き料理のコツ

    ワーキングマザーが増えてきている昨今、毎日のご飯づくりに“時短“が必要不可欠です。そんな忙し…

話題の記事

  1. 親子で楽しむ絵本の時間。今はまだ幼くて、お話を純粋に楽しんでいるだけかもしれませんが、その経…
  2. 私たちが“ママの手荒れ事情”を分析! リトル・ママ読者モデルのママが集まり、“ママの手荒れ…
  3. 子育てをしていると、つい怒りっぽくなってしまう日やストレスがたまる日だって、あります…
  4. 「ママ業に休みはないけど、ママだってたまには息抜きしたい…」 でも、子どもが小さいうちはなか…
ページ上部へ戻る