子どもに伝えたい思い出の味は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大人になっても忘れられない、味の記憶。幸せなエピソードも一緒に伝えたい、皆さんの“あの味”は何ですか?

毎日のごはんやおやつ

母から教わった手作りクッキー。幼い頃、転んで怪我をした時や嫌なことがあった時に焼いてくれて、食べると痛みも悲しいことも吹き飛びました。
やはり、味噌汁です!味噌汁は家庭の味が出るので、子どもにしっかり伝えたいです。
毎日作るご飯の味。レトルトをほとんど使わない我が家では、エビチリなども自分で調味料を合わせて作ります。何でも手作りできるんだよと教えたいです。
さつまいも、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、じゃがいもなどでポタージュをほぼ毎日作っているので、それが思い出の味になればなと思っています。

特別なごちそう

誕生日ケーキは母の手作りしか食べたことがないので、娘にも毎年手作りしたいです。友達を呼んでケーキのデコレーションなど、楽しかった思い出も同じように作ってあげたい。
お祝い事に必ず作ってくれた、母の甘めのちらし寿司。嫁ぐ前夜にもリクエストして作ってもらった思い出の味です。
ばぁばのおいなりさん。運動会やお誕生日の時に作ってくれて、今でも大好き。今年初孫の運動会なので、ばぁばと一緒に作ります。
祖母が作るお正月の黒豆。祖母は亡くなったけど、お正月のお料理の意味とともに、子どもに教えてあげたい。

自然のおいしさ

びわ。子どもの頃はそこら辺になっているものを食べましたが、今はそうはいかないですもんね。
小学生の頃帰り道で食べた、ビニールハウスから出ていた大きなトマト。丸かじりしていました。もう時効かな(笑)。
自然の中で食べたとうもろこしやスイカは、やっぱり格別だった。子どもにも自然の中でたくさん食べさせたい。
おじいちゃんが無農薬で作ってくれるお米で炊いたご飯の味。

郷土の味

高菜ごはん、だご汁など地元・熊本の郷土料理。転勤族で娘は住んだことがないけれど、私の母や私がよく食べた味を教えてあげたいです。
岩魚の山椒味噌焼き。山梨の山の中で育ったので、父の釣った岩魚をよく食べました。山椒味噌をおなかに詰めて囲炉裏で焼いたものが大好きでした。
子どもには、私が生まれ育った大阪の味も知ってもらいたいと思っています。おだしのきいた黄金つゆのうどんを、子どもとすする日が楽しみです。

ほかにも

パパがラーメン屋なので、子どもにはこの味を継いでほしいなと密かに願ってます。
友達と集まって、竹を割って、食べた流しそうめん!
瓶の牛乳・コーヒー牛乳・ラムネなど。銭湯やお祭りなど、田舎の思い出が蘇ります。ラムネは今はプラスチック製が多く、少し残念です。

編集部コメント

料理下手な私が、唯一頑張っているのはスープ。たくさん作って翌日も…という手抜き料理だけど、この温かさがおふくろの味になってくれたらいいな。

編集部・H

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 家庭での効果的な対策最新情報!

    この冬の部活動のテーマは「冬の感染症対策」 先日行われたらくらく除菌部最初の勉強会のテーマ…
  2. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  3. 絵本作家 のぶみさんの子育て論「ママは“ずぼら”なほうがいい!」

    大好きなママが死んでしまうという衝撃的な内容の『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)で有名な…
  4. 話題のリトル・ママフェスタに行ってきました!

    五反田で初開催するとのことで2017年9月19日・20日の2日間で行われた話題の「リトル・ママフ…
  5. 「ママと一緒」だから伸びるおうち知育のススメ

    「幼児教育に興味はあるけれど、なにが子どもに合っているのかわからない」「下の子がまだ小さいの…

話題の記事

  1. 家族でスキーを楽しみたいけれど、まだ子どもが小さいから行けないかな…と悩んでいるママ必見!小さな…
  2. 親子で楽しむ絵本の時間。今はまだ幼くて、お話を純粋に楽しんでいるだけかもしれませんが、その経…
  3. 私たちが“ママの手荒れ事情”を分析! リトル・ママ読者モデルのママが集まり、“ママの手荒れ…
  4. 間もなく大掃除シーズン!でも、子どもが生まれてから、部屋が片付かなくなりますよね。その要因はおそ…
  5. 発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
ページ上部へ戻る