子育てしている中で一番うれしかったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

子育てをしていると、つい怒りっぽくなってしまう日やストレスがたまる日だって、ありますよね。
そんな気分を吹き飛ばす、「あ~、よかった!」と感じた瞬間を教えてもらいました。ほっこり幸せ気分、わかち合いましょう。

なにげない瞬間に

夜中に目が覚めた時、同じ部屋にわが子がいることです。ずっと仕事人間でひとり暮らしだった上、子どもがなかなか授からなかったので、こういう当たり前なようで当たり前ではない幸せを人一倍感じます。
いつでも子どもと手をつなげること。
私の口ぐせを真似する姿が似ているな、と思った時。親子なんだなーとうれしくなります。

そのひと言に

子どもが「お弁当作ってくれてありがとう」と言ってくれたとき。
「本当に楽しそうに育児をしているね」と言われたこと。周りからそう思われたことが自信につながりました。
「ママ大好き」と言われたこと。
たいしたご飯でもないのに、子どもがいつも「うわ~!」と喜んでくれること。
子育てに不安になっているとき、夫から「世界で最高のママだよ」と褒められた!
子どもの誕生日会で「産んでくれてありがとう」と言われたこと。時間に追われた生活で忘れかけていたあの日を思い出し、生まれてきてくれた喜びを再認識しました。
お弁当作りをしている私に「フレッ、フレッ!ママ!!」と応援してくれる姿。
「ママと結婚する」とプロポーズ!

子どもの成長に

お箸が持てるようになったとき。夫婦左利きなので、右利きの娘に教えるのを苦戦したので。
2人目妊娠中の私のお腹を毎日さわりながら、「赤ちゃんかわいいね」と話しかけたり、おもちゃのミルクをお腹にあててみたり。姉らしくふるまう姿がすごく愛しいです。
長男の卒園式。大きくなったなと実感しました。
最近歩き始めた娘が、ニコニコ顔で「ママ~!」と寄ってきて私の足に顔を埋めてくれます。本当にかわいい!
歌とダンスを覚え、しっかり踊れるようになっていたことに驚き、その成長ぶりがうれしかったです。
私の誕生日に兄弟で手紙や色紙などを作ってプレゼントしてくれました。この子たちを産んでよかったとつくづく幸せを感じました。
友だちと楽しそうに過ごしているのを見ることができたとき。自分の世界をしっかり生きていることが感じられてうれしかったです。
縄跳びを上手になりたいと、何度も練習して飛べるようになった姿に。頑張る力に驚きました。
字が書けるようになった娘。「まませかいでいちばんだいすきだよ」と毎日手紙を書いてくれます。

天使&イケメンの瞬間に

子どもの笑顔を見ると自然と癒やされます。
つい怒りすぎて泣いてしまったら、息子が「大丈夫だよ、平気だよ」と言いながら涙を拭いてくれて、抱きしめてくれたこと。
子どものかわいいしぐさを見たとき。
寝顔を見ながら、毎日喜びを感じています。
仕事から帰るといつも笑顔で迎えてくれること。
「ママ好きー!」「ボクのほうがもっと好きー!」兄弟でママの取り合い。

その他

夫のパパぶりを見られたこと。
子どもを通じて近所に友だちができたこと。
子どもが生まれてから、夫と意見を交わすことが多くなり、本当の意味で家族になったんだと実感しています。

編集部コメント

圧倒的に多かったのは、子どもに「ママ大好き」と言われたこと、という意見でした。子育てでついイライラしたり不安になったりしていても、そのひと言や行動のおかげで霧が晴れたように気持ちが軽くなるのですから、子どもってすごい!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  2. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  3. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  4. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  5. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…

話題の記事

  1. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
  2. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
  3. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  4. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
  5. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
ページ上部へ戻る