出産を機に変わる? 夫婦の関係、夫婦のスキンシップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出産をきっかけに、夫婦の関係性が変わったと感じているママも多いはず。その現状とママの本音を探るべく、福岡のリトル・ママ読者にアンケートを実施したところ、大きな反響がありました。リトル・ママメディアでは、福岡版10月号の誌面には載せきれなかった記事もご紹介します。

出産を機に夫婦の関係は変わったと思いますか?

出産後は子ども中心の生活に変わり、「夫婦というよりは子育てをする戦友」「夫の優先順位が1つ下がった」というリアルな声が集まりました。
また、「亭主関白だったけど、私の意見を尊重してくれるようになった」「子どもが生まれる前よりケンカが減ったなど、嬉しい変化がみられたケースも見られました。

出産を機に夫への愛情に変化はありましたか?

「愛情が薄れた」「より深まった」など変化の方向は違っても、関係性が恋人同士から家族愛へと変化したという声が多数。

変化したママは?

子どもと積極的に関わろうとする姿を見て、より愛情が深まりました。 (チョコ)
夫に対し世話を焼くことが煩わしく感じました。
また、いつまでも恋人同士のような関係性を重視する夫に嫌気がさすこともありました。 (本音トーク)
家族になりました。空気みたいな感じです。大事なことですが、ときめくこともないです。 (momo)
深まった部分と薄れた部分が半々。育児に協力してくれる時は「この人でよかった、大好き」と思う時もあるけど、理解が得られず口だけ出されると、「帰ってくるな」と思う。(みかん)
2人にとって大切な子ども達が生まれて、お互いの存在がもっと大切で大きくなった。(ぷーこ)

現在、スキンシップはありますか?(セックス以外)

「マッサージは日常的」「休日に手を繋いだり寄りかかったり」など、6割近くのママが普段から触れ合いがあると回答しました。

現在、セックスはどの程度の頻度でありますか?

1番多かったのは「できる状態だが全くしていない」という回答。また、一般的にセックスレスの定義とされる「1ヵ月以上セックスをしていない」割合は44.7%となり、半分近くが当てはまりました。

出産後、セックスを再開したのはいつ頃ですか?

最も多かったのは産後13ヵ月以上で、約4割近くの人が1年以上セックスレス。「それより寝たい」というコメントに代表されるように、出産後は育児に追われて、そんな気分になれないのが正直なところなのかも。
一方で「誘われなくなり、こちらから誘うのも嫌になった」という声も。

出産後、セックスを再開した方にお聞きします。頻度に変化はありましたか?

現在、夫婦間のスキンシップやセックスに満足していますか?

ママたちの声

もっとスキンシップを取りたい。感謝や愛情表現は交際期間の頃のように言葉にされるわけでもなく、レスなのでお互い母と父の役目だけ。(おじゃる丸)
子育てが落ち着いて私の性欲が戻ってしまったが、夫にはレスの状態が普通になってしまい、誘っても何度も断られたので私だけ欲求不満。レスになる前は私が断っていたので無理強いもできない。(まひまひ)
もともと私が淡白なタイプなのですが、夫を欲求不満にさせるのも申し訳ないので応えています。また、私は子どもが欲しいですが、夫は“どちらでも”という感じです。(はなこ)
夫婦としての時間がなくなった。子どもが寝ていても子どもの話や仕事の話で時間が過ぎてしまう。もっとスキンシップをはかりたいが自分からはなかなかいけない。(さた)
身体の関係はなくても、普段から手を繋いだり腕組みしていたりスキンシップは多い方だと思う。子どもを含めた3人家族でとても楽しいねといつも話しています。(とむとむ)

産後、夫婦関係が変わったことによって、努力したことはありますか?

家族でもちゃんと言葉で伝えること。夫が不満を溜めていそうだなと思ったらすぐに聞くようにしています。(コモリウタ)
触られるのがイヤだと素直に告白したら、理解してくれたので、最近は全部を拒否するのではなく、手を触ってみたり、肩をもんでみたりしています。(ひとみ)
2人の時間には、甘え合う関係でいられるよう心掛けています。(ユーーーリ)
産後2年は不仲で、悪い方向へ進む一方でしたが、きちんと向き合って話し合うようにしてから、不仲は徐々に改善されました。(メルちゃん)
できる限りパパとは呼ばず、名前で呼ぶようにしています。(ルル)
気持ちが薄れていた頃は夫に優しく接することができなかったけど、ささいなことでも感謝の気持ちを伝えることで、夫が家事や子育てに積極的に関わってくれるようになりました。(kou)

よい夫婦関係を築くために、セックスは必要だと思いますか?

 

 

ママたちの声

どちらか一方でも求める間は必要だと思う。(何をするよりも睡眠が欲しい)
ないと家族愛だけになりそう。それでも悪くはないけど、せめて30代のうちは男女としての関係も保ちたい。(マママキ)
私たち夫婦は性欲がお互いに少なく、あまりすることはないけど、レスだからと言って愛情が減ったとは思わない。(あこ)
子どもの母親としてだけではなく、妻として女性として見てもらえることで、いろんなことに自信がもてる。(とんこっつ)
夫の機嫌を保つには必要ではあるが、自分を押し殺して相手をしている感じがあり辛い。(こみせ)
セックスも必要かもしれないけれど、会話する時間や二人で過ごす時間がかなり減ってしまい、そういう気持ちにならない。手伝ってくれる夫には感謝しているが、もっと言葉のコミュニケーションが必要だと思う。あと笑顔!お互いに仕事、子育てに毎日疲労困憊。毎日をもっと楽しく過ごしたい。(子育て真っ最中)

「 婦人科医が分析!①セックスレスを医学的に読み解きます 」へ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 生まれつきのアザ 乳幼児から治療できます

    お子様と来院された親御様から「アザは成長と共に薄くなると言われたけど薄くならない」、大人の方…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
  2. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  3. 糟屋郡志免町にある筑紫クリニックとリトル・ママによる、ママ&プレママ向のファミリーイベントが初開…
  4. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  5. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
ページ上部へ戻る