夫婦喧嘩の理由は?

夫婦といえども、つい喧嘩してしまう日もありますよね。みなさんの夫婦喧嘩の理由とは?
なかなかリアルでは聞けないけれど、ちょっぴり気になる!夫婦事情に迫ります。

すれちがい

前もってこちらは伝えていたはずなのに、直前に確認したら「聞いていない」と言われ、「言った」「言わない」の言い合いに…。共働きでお互い忙しい中で、意外とありがちです。
夫がカナダ人なので、コミュニケーションの聞き間違いや理解不足で喧嘩になってしまうことがあります。
朝早く、夜遅いので平日はほぼ子どもと会えない夫。仕事で忙しいのはわかるのだけれどもう少し子育てに関わってほしいです。

夫のささいな○○○

私がせわしなく家事をしているのに、夫はテレビを見たり、ゲームをしていて子どもを放置している時。子どもと遊んでほしいと頼むと、「疲れている」との返事…。言い争いになります。
性格が几帳面な夫と、おおざっぱな私。整理整頓のことで喧嘩になります。
返事の仕方がそっけなかったり、子どもへの口調が強い時など夫のささいな態度で喧嘩になります。
ホームパーティで夫は私のママ友に愛想よく接し、料理や子どもの相手、後片付けなどをこなし、理想のパパとして振る舞ってくれました。しかし、みんなが帰った後「いや~とにかく話すよね、女の人って。よくあんなにしゃべれるね(笑)」と小ばかにした口調でぽつり。感謝の気持ちも吹っ飛び、壮絶な喧嘩になりました。

子育て観

平日は仕事が忙しく、子育てにはノータッチの夫。休みの日に手伝ってもらっても、不慣れで要領が悪く、思い通りに動いてくれず。そんな姿についイライラが態度に出てしまい、険悪なムードに。
子育てに対する考え方。
子どもの勉強法で喧嘩になります。小さい頃からなんでもできた夫とは違い、蛙の子は蛙ではないもどかしさに、やきもきしているようです。
夫は子育てに無関心。父と母で温度差がありすぎます。
子どものゲーム時間に対して、ご褒美としてたまには長くやってもいいと思う私とNGの夫。とにかく子どものことでの喧嘩がほとんどです。

○○○っぱなし

着たものや使ったものを出しっぱなしにする夫。小さなことが積もり積もると爆発してしまうので、そのたびに注意するようにはしています。
夫がソファーで寝てしまうこと。テレビを見始めたら、もう終わりです。起こしてもなかなか目覚めず朝までのことも。もうやめてほしい!
節電節約を心がけているのに、テレビをつけっぱなしで寝る夫にイライラ…。
脱いだ靴下、そのままにしないで!

お金のこと

金銭関係です。使い方の違いでもめます。
子どもの習い事や塾などに関して。主にお金のやりくりです。
勝手に夫が大きな買い物をすること!日々の節約がムダになってしまいます。
お金の使い方です。私がケチ過ぎるのかな…。

その他

夫婦喧嘩はしたことがありません!
喧嘩する時間があったら、楽しいおしゃべりをしたいので、あまり喧嘩はしないようにしています。
最近は会話もないので、喧嘩もできません…。
夫はとにかくガンコなので、「ごめんね」を言ってもらえないので腹が立ちます。

「あるある、うちも…!」なんて思ったご家庭も多いのではないでしょうか。また、自分が忙しくストレスを感じているとつい夫に当たってしまう、という声も多く聞かれました。適度にリフレッシュしながら、いつまでもお互い相手を思いやる気持ちを忘れずにいたいものですね!

亭主元気で留守がいい

今号の表紙討論テーマは「夫婦喧嘩の理由」。みなさまから寄せられたご意見に「わかる、わかる~」と思わず頷きながら、興味深く読ませていただきました。

わが家も夫とは、ささいなことでよくぶつかります。子どもの前で喧嘩はよくない、とわかっていてもつい言い争いをしてしまったり、どうでもいいことにお互い折れることができなかったり…。

しかし突然、夫の単身赴任が決まり、一転して喧嘩もできない日々に! 実に勝手なもので、いざ近くにいないとなると、喧嘩すら懐かしむようになりました。

そんな母子だけの生活が続くある日。最近替え歌がマイブームの3才の息子から、童謡「海」の3番を「い~ってみたいな、おとうさんのほっかいどう~」と歌う声が。

父不在のさみしさを口に出すことのなかった息子ですが、彼なりに頑張っているのだと感じた瞬間でした。「親子で強くなろうね」そう決意した夏がもう終わります。

編集担当 吉田三鈴

関連記事

編集部おすすめ記事

  1. 絵本作家 のぶみさんの子育て論「ママは“ずぼら”なほうがいい!」

    大好きなママが死んでしまうという衝撃的な内容の『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)で有名な…
  2. 何もできていない我が家の初めての家計・保険相談

    家計や保険の相談をしたことありますか?今回、リトル・ママスタッフがお金に悩めるママ代表として…
  3. “わたしたち”を主語に夫婦会議を始めよう

    結婚して、子どもが生まれて…。生活がガラリと変わる「産後」に、2人の意識のズレから起…
  4. 備えあれば憂いなし!「防災」について考えよう〜いま、私たちママにできること〜

    突然ですが質問です。「防災の備えはしていますか?」 「ライフラインが止まり、離乳食がなくてパニ…
  5. ぶきっちょママでも大丈夫!子どもが喜ぶおいしい!うれしい!秋の行楽弁当♪

    公園へ、野山へ、行楽地へ!秋はおでかけにぴったりの季節です。せっかくなら、いつもとはちょっと違う…

話題の記事

  1. 親子で楽しむ絵本の時間。今はまだ幼くて、お話を純粋に楽しんでいるだけかもしれませんが、その経…
  2. 私たちが“ママの手荒れ事情”を分析! リトル・ママ読者モデルのママが集まり、“ママの手荒れ…
  3. 子育てをしていると、つい怒りっぽくなってしまう日やストレスがたまる日だって、あります…
  4. 五反田で初開催するとのことで2017年9月19日・20日の2日間で行われた話題の「リトル・ママフ…
  5. 「ママ業に休みはないけど、ママだってたまには息抜きしたい…」 でも、子どもが小さいうちはなか…
ページ上部へ戻る