東峰村に足を運びました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼などの焼き物でも有名で、窯元の被災状況もたびたびメディアで取り上げられていました。今回は、黒田藩御用窯としても名高い窯元「髙取焼宗家」も視察。その様子を写真でレポートします。

奥にある窯元までは車で行けず、手前で車を止めて歩いて向かいます

裏山の土砂崩れで被害を受けた穴窯。修理のめどは立っていません

今回は、被害を免れた登り窯。ですが、裏山(写真奥のブルーシート付近)がまた崩れたら、危ないかもしれないとのこと

豪雨の日は、この橋を渡れないほど水かさが増えました

「復興して、前より良い村を作っていきたい」と話す十三代宗家八山の妻の髙取七絵さん

杷木インターから村へ向かう途中には、災害の爪跡がそのまま残っているエリアが。家の1階部分に、土砂が入りこんでいます(朝倉市杷木松末地区)

家の中の様子。土砂が取り除かれることなく、残されていました

崩れた家の中に、割れた衣装ケースが見えました

お鍋の中に溜まった土砂。災害が一瞬で日常を奪った様子がうかがえます

編集後記

今回の東峰村行きでは、復興が始まったばかりという村周辺の様子を見てきました。半年以上たっても、なお崩れた家がそのまま残されている姿や、重機が道を行きかう様子に、災害の爪跡の大きさを感じずにはいられませんでした。

窯元の髙取さんは、「被害はひどかったのですが、私自身は、非常用の荷物があったので、すぐに逃げられたんです。ママたちも、普段からの備えを忘れないでいてほしい」。起きた災害の復興支援はもちろん、次に起きるかもしれない災害に備えておくことも、私たちにできる大切なことだと教えてくれました。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 子どもの先天性のアザは悩まずに早めの治療を

    子どもの先天性のアザで悩まれている親御様も多くいらっしゃいます。 産婦人科や小児科で相談し…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
  2. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  3. 子どもの先天性のアザで悩まれている親御様も多くいらっしゃいます。 産婦人科や小児科で相談し…
  4. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  5. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
ページ上部へ戻る