過去の記事一覧

  • 入学準備はどうしてる?

    小学校に入って困らないように、今から少しずつ始めたい入学準備。忙しいママにオススメなのが、自宅で学べる通信教材です。読者に体験してもらいました♪ 今回教えてくれるのは 大森さん親子 年長…
  • 朝ごはん大作戦

    時間がない、食べてくれない…など、子どもの朝ごはんは悩みのタネ。 みんなが毎朝どうやって乗り切っているか、各家庭の事情に合わせた作戦をご紹介します♪ 作戦1 甘いものを入れる 朝からお菓子をほし…
  • 国産オリーブを届けるために

    小豆島など有名な産地はあるものの、日本ではなじみが薄いオリーブ栽培。新規参入が難しい中、 あえて挑戦している会社が福岡にあるのをご存知ですか?オリーブの魅力とともにご紹介します。 九州をオリーブ大国へ…
  • パートナーに言われてうれしかった言葉は?

    夫婦だからこそ、 ちょっとした言葉も大切にしたいもの。 皆さん存分にノロケてください♡ 「ありがとう」の一言 第3子妊娠後、すぐ単身赴任になり約3年。1人で3人の育児は想像を絶する大変さですが、感謝…
  • 子どもの先天性のアザは悩まずに早めの治療を

    子どもの先天性のアザで悩まれている親御様も多くいらっしゃいます。 産婦人科や小児科で相談したら、「成長と共に薄くなる可能性もあるのでしばらく様子を見てください」と言われることも多いようですが、一般的に薄くなるこ…
  • トランクルームを使えば子育て中でもスッキリ、きれいな部屋に!

    子育て中は、育児グッズやアウトドア用品などかさばるアイテムがどんどん増えてしまいがち。「収納スペースが足りず、家の中はいつもゴチャゴチャ」「家族が増えて部屋が手狭になってきた」。そんなとき、荷物を保管するのにぴっ…
  • 「私立」「国立」「公立」どれにする?? 子供がグングン伸びる学校選び&親の心得ガイド

    私立・国立・公立、わが子にベストな学校は?  入学までにしておいたほうがいいことは? 小学校の教育制度が大きく変わるって本当?  教育ジャーナリストの石田勝紀さんにお聞きしました。 教えて…
  • ぴったりが見つかる 親子の絵本時間

    今月の質問 おばけが恐いけど好き…という娘。可愛いおばけの話があれば知りたいです。 (2才女の子のママ) 10月はハロウィンもあり、おばけの絵本を選ぶ機会も出てきそうですね。私たちのお話し会で活躍してい…
  • ハロウィンのお話

    日本でもすっかり定着したハロウィン。仮装をしたり、かぼちゃのおやつを食べたり…子どもと一緒に、絵本でハロウィン気分を味わってみては? 赤ちゃんから楽しめる かくれんぼしているものを当てっこして…
  • パートナーシップの専門家が分析!②セックスレスを乗り越えるには?

    目次 読者ママのリアルなアンケート結果 婦人科医が分析!①セックスレスを医学的に読み解きます パートナーシップの専門家が分析!②セックスレスを乗り越えるには? 教えてくれたのは… 犬飼 まひ…

編集部おすすめ記事

  1. 方言で楽しむ絵本

    絵本で巡る言葉の旅 子ども達の口癖が「わたしそっくり!」と思ったことのあるお母さん、少なくない…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. ママを悩ませる子どもの野菜嫌い。でも、ある調査では70%以上の子が「浅漬けなら食べられる」と答えたそ…
  2. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
  3. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
  4. こだわり派が愛用するお砂糖 なぜ「茶色」なの? 「調味料を変えただけで、いつもの料理がグッと美味…
  5. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
ページ上部へ戻る