話題のリトル・ママフェスタに行ってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

五反田で初開催するとのことで2017年9月19日・20日の2日間で行われた話題の「リトル・ママフェスタ」に参戦してきました!

場所は、五反田TOCビル。アカチャンホンポやスタジオアリスなどが入るビルです。
開場前から入口は長蛇の列で、途切れることないママたちの入場に、会場は大賑わいでした。

いよいよフェスタがスタート!毎回大人気のゲストのステージや、恒例の「ハイハイレース」と「カタカタレース」に加え、今回は「赤ちゃんすもう」も実施されていました。

また、ハンドメイド雑貨販売や親子手作りワークショップ体験、子育て相談、写真撮影やメモリアルグッズなどバラエティ豊かなママブース、お得な情報を知ることができたり、サンプルを手に入れたりすることができるスポンサーブースが会場内に展開されていました。

テレビで知っているあの人気曲、あのキャラクターが登場!

毎回豪華なゲストが登場する特設ステージショーでは、1日目は、NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」ブンバ・ボーン生みの親・谷口國博(たにぞう)さんのステージ、2日目は、遊び歌作家の鈴木翼さん、全国的にも大人気のキャラクター・くまもんが登場!大人気のあの曲を、親子で歌って、踊って、会場には笑顔が溢れました。

ステージでは、ママサークルによるウクレレ、フランダンスショーや産後エクササイズなど多様なステージも楽しめ、同じママとしていい刺激を受けました。

スタジオアリスPRESENTS「ハイハイレース」「カタカタレース」は、毎回大人気ということもあり、子どももママも、大喜びでした!また、今回はアカチャンホンポPRESENTS「赤ちゃんすもう」が初登場。人生初勝利?!を目指して親子が参加し、笑いと鳴き声、可愛ささが会場を包んでいました。素敵な思い出になりましたね♪

知って得する生活情報!

今回もたくさんの企業ブースが並んでいました。行政、食、保険、生活サービスなど子どもとママの毎日を応援する企業が集結。商品の試食ができたり、サンプルがもらえたり、最新の情報を企業の担当者から直接入手できるので、大変お得な機会でした♪

同じママでありながら各分野で活躍するママたちのブース

ママたちのブースでは、ママカメラマンによる撮影会やハンドメイド、子どもの成長の証を作品にする手作りワークショップ、メモリアルグッズなどがずらり。リーズナブルな価格で子育てグッズや可愛い小物を購入でき、見ているだけでもウキウキします。ワークショップも、同じママ同士なので話しやすく、充実した時間を過ごせました♪

フェスタ参加は、明日の子育てへの活力に!

リトル・ママフェスタでは、ステージや企業ブース・ママブースのほかにも、ママの関心があるテーマの座談会や、豪華景品が当たるガラポン抽選会なども行われておりました。イベントを楽しみ、サンプルやプレゼントなどのお土産をたくさんゲットでき、大満足で帰宅しました。

いつもは家で孤独に過ごすことも多いですが、こうして可愛い我が子と素敵な思い出をつくることができたり、おとなと久しぶりにじっくり話したり、他のママと繋がったりなど、久しぶりに刺激的でリフレッシュできた2日間でした。

まだ幼稚園や保育園などの、社会コミュニティに属していない、0歳~3歳ぐらいまでの子どもを持つママは、こうしたイベントで人と触れ合うことで「明日からまた子育てを頑張ろう!」と前向きな気持ちになれるものです。

こうしたイベントは、これからもたくさん開催してほしいし、積極的に参加したいと思いました。次はママ友を誘って参加しようと思います!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  2. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  3. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  4. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  5. 一緒に体を動かして健やかな心をのばす「親子体操」で、もっと子どもとふれあおう!

    体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…

話題の記事

  1. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  2. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
  3. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  4. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  5. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
ページ上部へ戻る