何もできていない我が家の初めての家計・保険相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

家計や保険の相談をしたことありますか?今回、リトル・ママスタッフがお金に悩めるママ代表として、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の無料保険相談サービス「ポンポンほけん室」でプロに実際に相談してみました!
撮影/森谷 郁 取材・文/廣瀬 郁美

田中 睦美さん
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命ライフカウンセラー
豊富な知識と誠実な人柄で、ママ世代の相談者を含めて幅広い方から支持を得る。二児のママで元保育士。
ライフカウンセラーについては下記ポンポンほけん室Q&Aをご覧ください。
山本 直子さん
リトル・ママスタッフ
夫、長男(7歳)、長女(4歳)、次男(0歳)の5人家族。
お金を管理しているのは夫で、毎月渡される範囲の中でやりくり。

山本家の家計と保険に関する悩み

①子どもを出産するたびに、貯金が難しくなっている。
②3人の子どもにかかる教育費も気になる。
③ずっと見直していないけど、今の保険は我が家に合っている?

山本家支出表
家賃 101,000円
食費 50,000円
光熱費 23,000円
通信費 29,000円
生命保険
(死亡保障 400万円)
2,000円
奨学金返済 12,700円
保育料 20,000円
子どもの習い事 20,000円
パパ・ママ小遣い 50,000円
雑費 20,000円
貯金
(できる時にする)
30,000円
支出合計 357,700円

リトル・ママ読者にも聞いてみました!

※実施日2017年8月4日。回答数102

  • Q1. 今の家計で備えは十分だと思いますか?
  • Q2. 家計や保険などお金のことを家族で話し合いますか?
  • Q3. 保険についてどんな悩みがありますか?

    ・夫の保障を手厚くしたいけど、どの保険が我が家に合っているのかわからない。

    ・死亡時の保障が少ないため、子どもができた今、保険の見直しをした方がいいの?

    ・そもそも生命保険に入るべき?入るなら掛け捨てが良いの?

あきらめないで!!プロがアドバイス
5年後、10年後、家族がどうありたいかを考える。

山本さん(以下
「なかなか貯金がうまくできません。なにか良い方法はありませんか?」
田中さん(以下
「貯金、難しいですよね。ご夫婦で将来“こうありたい”と話し合うことはありますか?」
「ほとんど無いです…。夫と話すことといえば、今日あった 子どもの話くらいかな。」
「そうですよね。5年後、10年後の家族像をイメージすることが、お金を上手に貯めるポイントです。住む場所は?子どもの進学先は?働き方は?イメージすることで必要なお金が見えてきます。目標がはっきりしたら、あとは目標に向かって逆算するだけです。」
「なるほど…。ちなみに、子どもの教育費って、どのくらいかかるんですか?」
「3人いるお子さんの教育費、気になりますよね。一般的に、子どもをひとり大学卒業まで援助すると、全て公立コースでも、1,000万円程度※1はかかるといわれています。とても全てを貯金でまかなうことは難しいですね。貯金以外に奨学金や貯蓄型の生命保険をうまく活用するなど、計画的な準備が必要です。」
「教育費だけでなく、今は夫のお給料に頼りきっていて、万が一のことがあると収入自体が途絶えてしまうのでその後の生活費も心配です。」
「山本さんが現在加入されている400万円の死亡保障があれば、葬儀関連費用※2への備えはできています。でも、その後の生活費のことまで考えると、心配ですよね。例えば、収入保障保険ってご存知ですか。ご主人様に万が一のことがあった場合、お給料のように毎月、保険金を受け取っていただける保険です。」
「知りませんでした!やっばり1人で悩まずに聞いてみるものですね。改めて、夫も一緒に相談させてください!」
「保険のこと、気になるお金のこと、なんでも相談してください。1人で抱え込まず、ー緒に将来のことを考えていきましょう。

※1: 平成26年度文部科学省「子どもの学習費調査」、独立行政法人日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査結果」より

※2: 一般財団法人 日本消費者協会 第10回「葬儀についてのアンケート調査」 報告書 平成26年1月より

アドバイスまとめ

  • 夫婦で将来の家族像をイメ ージして共有すれば、必要なお金が見えてきます。
  • 教育費への備えは貯金だけじゃない。どのような方法があるかを知りましょう。
  • 1人で抱え込まず、気になる保険やお金のことは何でも遠慮なくご相談ください。

相談してみてどうだった?

保険会社の方には、保険のことしか相談できないと思っていました。いろんな相談にのっていただけたのであっという間の2時間でした!大切なお金のことをしっかりと考えるために、まずは家族が笑顔になれる未来のイメージを夫婦で共有したいと思います。

ポンポンほけん室Q&A
  • Q.どこで相談できるの?
    A.自宅でも、自宅以外でも相談はお好きな場所でOKです。
  • Q.相談するのにお金はかかるの?
    A.相談料は無料です。もちろん無理な勧誘もありません。
  • Q.ライフカウンセラーって?
    A.ライフカウンセラーとは、生命保険を軸として、金融、経済などの幅広い知識を持つ精鋭の営業社員です。ライフカウンセラーの仕事は、お客さまをとりまく環境、お客さまの年齢、家族構成、将来設計等を把握することから始まり様々な観点からアドバイスさせていただきます。
キャンペーン期間中に保険相談をお申込みいただくと損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のオリジナルグッズがもらえます♪

※2018年3月31日(土)お申込み受付分まで

※内容は一部変更となる場合がございます。

【ポンポンほけん室】はこちら

相談のご予約・お問合わせはこちら

0120-088-307

「リトル・ママ11月号を見た」とお伝え下さい。

受付時間
平日 9:00-19:00 土曜 9:00-17:00
(日曜・祝日・12/31-1/3を除く)
〈引受保険会社〉
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
〒163-8626 東京都新宿区西新宿6-13-1 新宿セントラルパークピル

HL-P-B2-17-00793(2017.10.4-2019.9.30)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 家庭での効果的な対策最新情報!

    この冬の部活動のテーマは「冬の感染症対策」 先日行われたらくらく除菌部最初の勉強会のテーマ…
  2. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  3. 絵本作家 のぶみさんの子育て論「ママは“ずぼら”なほうがいい!」

    大好きなママが死んでしまうという衝撃的な内容の『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)で有名な…
  4. 話題のリトル・ママフェスタに行ってきました!

    五反田で初開催するとのことで2017年9月19日・20日の2日間で行われた話題の「リトル・ママフ…
  5. 「ママと一緒」だから伸びるおうち知育のススメ

    「幼児教育に興味はあるけれど、なにが子どもに合っているのかわからない」「下の子がまだ小さいの…

話題の記事

  1. 親子で楽しむ絵本の時間。今はまだ幼くて、お話を純粋に楽しんでいるだけかもしれませんが、その経…
  2. うるおっているようで意外と乾燥しやすい赤ちゃんのお肌。一方、ママも子育て中はなかなか…
  3. 間もなく大掃除シーズン!でも、子どもが生まれてから、部屋が片付かなくなりますよね。その要因はおそ…
  4. 「ママ業に休みはないけど、ママだってたまには息抜きしたい…」 でも、子どもが小さいうちはなか…
  5. 体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…
ページ上部へ戻る