“わたしたち”を主語に夫婦会議を始めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

結婚して、子どもが生まれて…。生活がガラリと変わる「産後」に、2人の意識のズレから起こる“夫婦の危機”。それを乗り越えた経験から、パートナーシップ強化のためのセミナーを行う夫婦に話を聞きました。

相手のために考え、動く

不眠不休の育児に加え、仕事ができないもどかしさを抱えた妻と、家庭も大切にしたいのに仕事の手を抜けない夫。お互いに自分のつらさや大変さを主張し合う中で、相手への不満ばかりが増幅する。これは、私たち夫婦の、産後のすれ違いの実例です。このままじゃ、1年後には相手は隣にいないかも…?放っておけば離婚につながりかねない重大な危機。いわゆる「産後クライシス」というやつですね。私たちが、それを乗り越えられたのは「対話(夫婦会議)」のおかげ。家事や子育て、働き方など、あらゆることを諦めずに話し合う中で、信頼関係を再構築できたと感じています。

その経験を踏まえて提案しているのが、「世帯経営」という考え方。“わたし”だけでなく“わたしたち”で未来を創るという姿勢で、世帯の共同経営者である夫婦の理想をカタチにする思考法です。会社にビジョンがあるように、夫婦もビジョンを持ち、共有することが大切。わが子に幸せな家庭環境を創り出すためにも、“わたしたち”を主語に夫婦会議をすることをおすすめします。

臭いものほど蓋をしない

夫婦会議は、自分の意見を通すため・相手を変えるためではなく、お互いにとって良い環境を作るため、夫婦・家族の明るい未来に向けて行うものです。「言わなくても分かるだろう」「言ったら気まずくなるかも」はNG。不安や本音を言い合う勇気を持ち、「私はこうしたいんだけど、あなたは?」と前向きに話し始めましょう。

「今さら何を話していいか分からない」という人も、「気になることはあるけど、話し合うほどではない」という人も、始めるのに早い遅いということはありません。頻度としては、週に1回、2時間程度が理想ですが、夫婦それぞれで大丈夫。まずは月に1回、15分だけでも始めてみませんか?

Logista株式会社 共同代表
長廣 百合子さん 長廣 遥さん

産後の危機をきっかけに、夫婦で起業。自分たちの経験を活かし、「家庭・職場・地域」3つの領域でより良い子育て環境づくりに向けた事業を展開。妊娠期からの夫婦のパートナーシップを応援!「産後夫婦ナビ」の運営や「両親学級 世帯経営セミナー」の開催、「夫婦で産後をデザインする 世帯経営ノート(定価¥ 2,160、税込)」の販売も

「難しいな」と感じたら

2人だけだと喧嘩になる、パートナーや自分が思いを言葉にするのが苦手、夫婦間で発言力に差があり公平に対話できそうにない…などの場合は、「両親学級 世帯経営セミナー」に参加してみては?夫だけ・妻だけで集まって意見交換する時間もあり、大きな学びになるようです。
※次回は久留米市、大野城市で開催。詳細は「産後夫婦ナビ」をチェック!

夫婦会議の進め方

  • Step1
    「なんのためにやるか」を共有する

    夫婦会議の前に必ず必要なのは、「何のためにやるか」を確認しておくこと。目的の見えない会議は、お互い続けにくいもの。愚痴ではなく、「○○をしたいから話し合おう」と前向きな言葉で始めましょう

  • Step2
    話しやすい環境を整える

    好きな飲み物やデザートを用意したり、音楽を流したりして「前向きに話ができる環境」を整えます。子どもが寝静まった後など、必ず2人きりになれる時に行うこと。最初に、感謝の言葉や相手の尊敬するところなど、プラスの言葉を伝えるのもポイント

  • Step3
    対話のテーマを決める

    「8つのテーマ」を参考に、話し合うことを決めます。事前にテーマを決めるのもいいですが、その時一番気になることも挙げるのを忘れずに。一つのテーマが一回で終わらない場合は、納得できるまで対話を重ねましょう

    夫婦会議を進めていくための8つのテーマ
    • 家事
    • 子育て
    • 仕事
    • お金
    • 住まい
    • セックス
    • 自由時間
    • 美容と健康

    そのほか、子育て環境を取り巻く周囲の人間関係(祖父母・仕事仲間・友人・近所の人・園や病院の先生など)をテーマにしても

  • Step4
    思いを書き出し、共有

    選んだテーマの①現状を把握し、②何が理想かを考え、③そのために何ができるかを話し合います。お互いに書き出してみて交換することも、相手の本音を知るためには効果的。言葉の捉え方の違いや、認識のズレを確認することもできます

実際にスタッフ夫婦がやってみました

スタッフ夫婦は、実際の「世帯経営セミナー」に沿って夫婦会議を体験!テーマは「お金」と「自由時間」を選びました

スタッフ夫婦の感想

自分たちは会話が多い方だと思っていましたが、ここまで深くは話せていなかったと気付かされました。どうしても家だと子どもに気をとられて、中途半端になることが多かったなと思います。

具体的なテーマがあるのが良いですね。普段は直近の問題しか話せていなかったのですが、「そう言えば…」というのが出てきました。今回のテーマでは、深刻ではないけどずっと気になっていたことを話せてよかった!

「夫婦会議」を進める時の手引きとなる、書き込み式のノート
夫婦で産後をデザインする「世帯経営ノート」

定価:¥2,160(税込み)※送料別

仕様:オールカラー/B5サイズ/全70ページ

発行:Logista株式会社(「産後夫婦ナビ」運営)

※平成29年度福岡市トライアル優良商品認定商品

※「ご自身用」に加え「出産お祝い品」としてもご利用いただけます。

※家事一覧表、家計管理のパターン表など、対話のキッカケ情報が付いています。

※完成後は大切に保管いただき、将来お子さまが成人や結婚などで巣立つ際の記念のプレゼントにしていただくことも可能です。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 家庭での効果的な対策最新情報!

    この冬の部活動のテーマは「冬の感染症対策」 先日行われたらくらく除菌部最初の勉強会のテーマ…
  2. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…
  3. 絵本作家 のぶみさんの子育て論「ママは“ずぼら”なほうがいい!」

    大好きなママが死んでしまうという衝撃的な内容の『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)で有名な…
  4. 話題のリトル・ママフェスタに行ってきました!

    五反田で初開催するとのことで2017年9月19日・20日の2日間で行われた話題の「リトル・ママフ…
  5. 「ママと一緒」だから伸びるおうち知育のススメ

    「幼児教育に興味はあるけれど、なにが子どもに合っているのかわからない」「下の子がまだ小さいの…

話題の記事

  1. 親子で楽しむ絵本の時間。今はまだ幼くて、お話を純粋に楽しんでいるだけかもしれませんが、その経…
  2. 家族でスキーを楽しみたいけれど、まだ子どもが小さいから行けないかな…と悩んでいるママ必見!小さな…
  3. 発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  4. 間もなく大掃除シーズン!でも、子どもが生まれてから、部屋が片付かなくなりますよね。その要因はおそ…
  5. 体操の「ひろみちお兄さん」としておなじみの佐藤弘道さん。実は、親子体操を医学的に研究した「医学博…
ページ上部へ戻る