「パンダ銭湯」編集部おすすめ 今月の一冊

このコーナーでは、編集部から皆さんにぜひ!という本や音楽などの情報をお届けします。

パンダ銭湯

tupera tupera 作絵本館/1,300円+税

想像力いっぱいの子どもの頭の中をのぞいたような、わくわく感あふれる絵本。独特なタッチのイラストには、大人も引き込まれること請け合いです。

知っていましたか?この世にはパンダ専用の銭湯、その名も「パンダ湯」があるということを。銭湯には、「パンダ以外の入店は、固くお断りしています。」との張り紙が。そう、ここには、パンダしか知らないとっておきのヒミツがあったのです!

これまで知らなかったパンダの裏の世界を知った子どもたちは、「え~!」「知らなかった!?」「ウソだ~!」と反応もさまざま。そんな驚いた顔を見るのも楽しいですよ。

コレもオススメ

小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました

原田剛 文/筒井則行 絵インプレス/1,400円+税

「子どもに自分の力で生きていくことを教えたい」、そんな母親の強い想いがつまった実話。

高齢出産で生まれた「ボク」は、優しい両親とともに貧しくも幸せな日々を過ごしていました。そんな優しかったお母さんが、ある日突然鬼のように…!「ボク」ひとりでナスビを売りに行かされることに…。

リアルすぎるタッチの絵と、衝撃的なタイトル。大人も子どもも引き込まれること確実です。

関連記事

編集部おすすめ記事

  1. 絵本作家 のぶみさんの子育て論「ママは“ずぼら”なほうがいい!」

    大好きなママが死んでしまうという衝撃的な内容の『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)で有名な…
  2. 何もできていない我が家の初めての家計・保険相談

    家計や保険の相談をしたことありますか?今回、リトル・ママスタッフがお金に悩めるママ代表として…
  3. “わたしたち”を主語に夫婦会議を始めよう

    結婚して、子どもが生まれて…。生活がガラリと変わる「産後」に、2人の意識のズレから起…
  4. 備えあれば憂いなし!「防災」について考えよう〜いま、私たちママにできること〜

    突然ですが質問です。「防災の備えはしていますか?」 「ライフラインが止まり、離乳食がなくてパニ…
  5. ぶきっちょママでも大丈夫!子どもが喜ぶおいしい!うれしい!秋の行楽弁当♪

    公園へ、野山へ、行楽地へ!秋はおでかけにぴったりの季節です。せっかくなら、いつもとはちょっと違う…

話題の記事

  1. 「ママ業に休みはないけど、ママだってたまには息抜きしたい…」 でも、子どもが小さいうちはなか…
  2. 五反田で初開催するとのことで2017年9月19日・20日の2日間で行われた話題の「リトル・ママフ…
  3. 親子で楽しむ絵本の時間。今はまだ幼くて、お話を純粋に楽しんでいるだけかもしれませんが、その経…
  4. 子育てをしていると、つい怒りっぽくなってしまう日やストレスがたまる日だって、あります…
  5. 私たちが“ママの手荒れ事情”を分析! リトル・ママ読者モデルのママが集まり、“ママの手荒れ…
ページ上部へ戻る