ハロウィンのお話

  • 2018年9月29日投稿

日本でもすっかり定着したハロウィン。仮装をしたり、かぼちゃのおやつを食べたり…子どもと一緒に、絵本でハロウィン気分を味わってみては?

赤ちゃんから楽しめる

かくれんぼしているものを当てっこして遊ぶ、「かたぬきえほん」シリーズの一作。ハロウィンにまつわるものが原色で描かれ、赤ちゃんから楽しめます。英語表記もあり。


『ハロウィンのかくれんぼ』 いしかわこうじ/作 ポプラ社

 

由来を知りたいなら

アメリカで暮らしたことのある著者が、自身の経験を元にしたお話。海外のお友達がハロウィンを楽しむ様子がよく理解でき、あとがきには由来の説明もされています。


『ゆめちゃんのハロウィーン』 高林麻里/作 講談社

 

ハロウィンのおやつの参考にも

ぐりとぐらシリーズに新しいお友だち、すみれちゃんが加わった、かぼちゃのお話。かぼちゃのぺたぺたやき、プリン、おせんべい…と、おいしそうなお料理がたくさん登場します。


『ぐりとぐらとすみれちゃん』 なかがわ りえこ/作 やまわき ゆりこ/絵 福音館書店

 

ちょっぴり不気味でユーモラス

パンプキンパイを作りたい魔女ですが、かぼちゃがなかなか抜けません。そこに、ゴーストや吸血鬼などがやってきて…。「おおきなかぶと同じだ!」と気づいた子どもに大ウケのコミカルな一冊。


『おおきなかぼちゃ』 エリカ・シルバーマン/作 S.D.シンドラー/絵 おびかゆうこ/訳 主婦の友社

 

たくさんのお菓子にわくわく

とっておきの仮装で近所の家を回る子どもたち。どんなお家で、どんなお菓子がもらえるかな?シンプルな繰り返し遊びが楽しく、蓄光インクを使った光るページも!


『トリック オア トリート!』 岡村志満子/作 くもん出版
答えてくれたのは

絵本と図鑑の親子ライブラリー ビブリオキッズ 司書の安藤さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

編集部おすすめ記事

  1. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  2. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  3. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  4. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  5. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…

話題の記事

  1. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  2. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  3. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  4. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
  5. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
ページ上部へ戻る