カリスマ家事セラピストに教わる 子どもの自立につながる「収納メソッド」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大人がやった方が早くてきれいに片付くからといって、子どものお手伝いさん化しているママはいませんか?
「自発的に行動できる子」を育てるには、幼少期からのお片付け習慣が物を言うそうです!子どもが片付けやすい環境を整えるコツを伝授してもらいました。
撮影/内藤健志 取材・文/尾崎祐子

お片付け上手になると、こんなにメリットが!

  • 1. 人の気持ちが考えられるようになる
    家事をしてくれている人への感謝の気持ちをきっかけに、自分を支えてくれている大勢の周りの人に自然と感謝するように。
  • 2. 見通しを立てて行動できるようになる
    「◯時になったら片付ける」など自分でルールを決めて片付けられるようになると、それ以外のことも自分で決めて取り組めるように。
  • 3. ものを大切にする気持ちが育つ
    処分するものを「これまでお世話になりました」「ありがとう」という気持ちで仕分けることが習慣になれば、日頃からものを大切にする子に。

覚えておこう!片付けの基本三原則

  • 1. 定位置

    元に戻せるように、ものに定位置を作ろう!
    ・定位置はなるべく使う場所に作る
    ・ワンアクションで戻せる方法に

  • 2. 定量

    しまうものと使うものが全て「しまう場」に入る量にしよう!
    ・今使っている量をちょうどいい量として、それ以上増やさない

  • 3. 捨てる

    捨てる動機を見つけよう!
    ・使えるけれど使わないものを追い出す

片付けは子どもの自尊感情を育てる

引き出しや棚にものがいっぱいに詰まっていたら片付けられない、これは子どもも大人も同じです。まずは、量や場所を見直して子どもが片付けやすい環境を整えてあげましょう。3才までは「親が具体的に教えながら一緒に片付けをする時期」。「いつになったら片付ける?」の声をかけてぐずることがあっても、まずは共感してあげること。「そうだね、今は片付けたくないよね」と尊重した上で、いつ片付けるのかを子どもに決めさせると自分から動き出せるようになるのです。また、子どもの片付けエンジンは、ママからの笑顔で「ありがとう」の言葉です。少しでもやる気を見せたらたくさん褒めてあげて!そうやって3才頃を目安に少しずつ片付けができるようにさせ、小学生で自分から片付けるようになったら大成功!

こうなれば片付けに限らず、人生のあらゆることを自分で決めて、率先して行動するようになるはず。はじめどきは今ですよ。

粂井優子さん

親学ナビゲーター、1級家事セラピスト。“暮らしのプロ”による講師チームとして「Life&Workレンジャー6」を結成。家事や子育てに関する各種講座を開催。大学生と高校生3人の母。

Before 小野家のリビング

すっきりと片付いている素敵なリビングですが、実は、広範囲にわたって部屋の隅をおもちゃが占領中。

お悩みママ

“息子が片付けられる部屋にしたい!”

小野佐知子さん
3才の男の子のママ。現在第2子妊娠中。

対象年齢を過ぎた赤ちゃん絵本も混在?!

通信教材は袋に入れたままソファーの下に。

収納場所に困り並べた状態のブロックや乗り物系おもちゃ

STEP1まずは全部出し!

片付けたい場所に収納されているものを全て出します。

STEP2片付ける場所と仕分け方を決める

場所
バック類は玄関、下着はお風呂場…など、収納場所としてふさわしいかどうかをまずチェック
おもちゃ
ブロック類、恐竜フィギュアと昆虫フィギュアなど。 違う種類でも、同時に出して遊びがちなおもちゃは一緒に片付けてOK
洋服
保育園用などの普段着とお出かけ用など。子どもが判断しづらい分別は入れる場所を分ける
絵本
季節ごとやテーマを決めて入れ替えて、本棚に並べる数を減らす

STEP3出したものをしまう

「入れるだけ」のワンアクションで戻せる工夫を!「カゴに入れるだけ」「棚に置くだけ」で完結する収納に

おもちゃ

まずは「よく使う」「あれば使う」「ほとんど使わない」の頻度に分け全体の量を見直すところから。

持ち手を切った紙袋で縦に仕切りを付けたボックスには、乗り物系おもちゃを。

ボックスティッシュの空き箱や牛乳パックでピッタリサイズの仕切りを作ろう!

棚の下には入れるだけで収能が完結する大型のおもちゃや、フタの無い箱に入れたおもちゃを。

Point

収納に見合った量のおもちゃに絞ったら、無理なく元に戻せるよう種類別に整えよう。

洋服

トップス、ボトムス、シャツなどカテゴリごとに仕分けする。

その上でさらにお出かけ用・普段用にわけて子どもが自分で服選び、片づけができるように縦に畳んで見やすく配置。

Point

パンパンに詰めるのはNG!子どもが服を選びやすい・片付けやすい「箱に7割」の状態を目指して服を厳選してみよう。

絵本・教材

教材などは袋ごと保管するのは中が見えないので手に取りづらく見た目も残念。

子ども用の教材と保護者向け読み物に分けて、子ども用のみ本棚へ。いずれも目を通したもの・終わったものから処分する。

Point

ママ用の読み物は、子どもコーナーに置いておく必要なし。ママが手に取りやすい場所に移動を。バラバラするような工作ものはひとまとめに。

こんな時どうすれば?

Q. 使わないおもちゃを子どもが手離さない時は?

寝ている時などに処分するのが一番ですが、一緒の時は「今までありがとう」とお別れの儀式をしながら処分すると子どもも諦めがつきます。

Q. なかなか物が捨てられない!

捨てるためのステップを覚えましょう。まず物を使えると使えないに仕分け。次に「使える」の中で使う、わからない、使わないに分別。最後に「わからない」を「使い切ったか」、「好きであるか」とさらに精査します。

After

片付け終えて・・・

棚に入り切らなくなっていたおもちゃたちが2時間のレクチャーでこんなにスッキリ!仕切りが自作できるという発想は目からウロコでした。自分のことが自分でできるカッコイイお兄さんになれますように。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 生まれつきのアザ 乳幼児から治療できます

    お子様と来院された親御様から「アザは成長と共に薄くなると言われたけど薄くならない」、大人の方…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  2. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
  3. 見学してきました! Tさん親子 まだ保育園にもないようなアイデアや工夫に…
  4. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
  5. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
ページ上部へ戻る