【リトル・ママ×マミー】「ボディミルク」ママ共同開発プロジェクト 第1弾 座談会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

うるおっているようで意外と乾燥しやすい赤ちゃんのお肌。一方、ママも子育て中はなかなか自分のボディケアに時間をかけられないもの。

そんなママ&赤ちゃんに人気なのが、食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、小さな子ども、敏感肌の大人までラクにボディケアができる「キスミー マミー」のスキン&ボディケアシリーズです。その「キスミー マミー」のボディミルクがリニューアル!「こんなボディミルクがあったら嬉しい!」というリアルな声を反映するため、子育て中のママたちと共同でリニューアル商品を開発することになりました。

今回は、プロジェクト第1弾として11月8日に開催された座談会をレポート。和気あいあいとした雰囲気の中、ボディケア用品の選び方や成分、パッケージデザインのこだわりまで、ママたちがたっぷり語ってくれました。

赤ちゃんの肌に使うものだから、中身にはしっかりこだわりたい

集まってくれたのは、0~3歳の子どもを持つ9人のママたち。
自己紹介で和やかになったところで、「キスミー マミー」ブランドのメーカーである伊勢半の鳥羽さんからブランドの説明がありました。「食品成分」「無添加」「低刺激性」という3つのポイントに、ママたちも「うんうん」と好反応。

現在は親子共有のボディミルクを使っている人と、ママと子どもで別々にしている人と、約半数ずつのよう。共有しているママからは「とにかく時間がない!」という意見が多数。確かに、入浴後など、赤ちゃんのお世話をしながらボディケアをしている時間はとてもありませんよね。一方、親子で別々のものを使っているというママからは、「子どもは無香料でもいいけれど、自分は香りを楽しみたい。天然香料なら親子で安心して使えそう」という声が聞かれました。

子ども用のボディミルクを選ぶ際のポイントとしては、「無添加」「口にしても安全」「保湿力」といったキーワードが。安全な成分で使い心地がよく、それでいてママも使えるものならベスト!ということですね。

スーッと浸透してうるおう使い心地を体感

ボディミルクの良さは、肌に塗って試さなければ分かりにくいもの。そこで、リニューアル商品の試作を実際に塗り、違いを体感してみました。
まずは現在販売されている商品を手の甲に塗り、「結構伸びがいいね」と話していたママたち。次にリニューアル品を塗ると「全然違う!」とどよめきが。

「肌に残らずスーッとなじむ!」
「すごく浸透している感じがする!」
「しばらく時間がたってもうるおいが続いてる!」
などなど、ママたちからは大好評。

「赤ちゃんがもし舐めてしまっても安全そうですね」と、ママたちも安心した様子でした。

ママも子どもも嬉しいこだわり成分を追加

ママたちから大好評だったリニューアル品ですが、実はこれで完成ではありません。さらにパワーアップするため、ママたちが「入っていたら嬉しい」という成分を選び、追加することに。
肌の乾燥を防ぐもの、保水力や保湿力に優れたもの、アンチエイジングにも効果的なものなど、いろいろな成分から魅力度の高いものを選んでもらいました。

それぞれの成分が持つ効果を比べながら、
「肌がしっとりしそう」
「高級感がある」
「浸透力が高そう」
など、イメージや惹かれる点などを出し合います。

ママたちのさまざまな意見を反映し、今後商品の魅力を強くアピールするための“こだわりの成分”を決めていくことになりました。

売り場でパッとママの目を惹くパッケージ作り

商品の開発には、含まれる成分だけでなく、店頭で手にとってもらうためのパッケージ作りも大切です。実際に普段買い物をするママの厳しい目で、ボディミルクのパッケージデザインを検討してもらいました。
「キスミー マミー」ボディミルクは、かわいらしいクマの形をしたポンプ型のボトルに入っています。デザイン案の中から、どれがいいと思うか話し合いました。

「ここに色をつけたら目を惹くのでは」
「ロゴはもう少し大きい方がいいかも」
「『親子で使える』ということがパッケージから分かるといいな」
などなど、ママ目線での気づきがたくさん。
いただいた意見を取り入れて、さらにデザインをブラッシュアップしていくことになりました。

また、店頭に並ぶ際には、お客さんの興味を惹くための「アテンションシール」が商品に貼られます。このアテンションシールのデザインやキャッチフレーズについても、活発な意見交換が行われました。

もっともアピールしたいポイントや、イラストと写真のバランスなどの鋭い意見は、普段たくさんのボディケア用品を目にしているママならでは。「赤ちゃんにも使うものなので、食品成分・無添加・低刺激という安全性もしっかり伝えたい」など、見た目だけにとどまらない細やかな指摘もいただきました。

今回の座談会の意見をもとにボディミルクはさらに改良が加えられ、次回、完成品のお披露目会が行われます。ママ達の「これが嬉しい」「あったらいいな」という思いがたくさん詰まったボディミルク。完成が待ち遠しいですね!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 子どものアザ治療、開始はいつから?

    子どものアザは、成長とともに薄くなるものとならないものがあります。 治療法はアザの種類によ…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  2. 子どものアザは、成長とともに薄くなるものとならないものがあります。 治療法はアザの種類によ…
  3. デジタルツールを子どもに与えて良いのか、心配ですか? 「生活を豊かにしたい」という気持ちが、私…
  4. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  5. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
ページ上部へ戻る