今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問をまとめて保険のプロに答えてもらいました。
また実際に保険相談をした読者ママの体験談もご紹介します。
撮影/升谷玲子 取材・文/廣瀬郁美

「ポンポンほけん室」ではどんなことが相談できるの?

ご家族のこれからの人生をサポートする、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の無料保険相談サービス「ポンポンほけん室」。保険のプロがお客さまのご要望に合わせて、お客さまだけのプランをオーダーメイドで作り上げていくサービスです。

保険に関するご相談はもちろん、ご家族のお金に関するお悩みやライフプランニングについても、いつでも・どこでも・何度でも無料でご利用いただけます。

なぜ保険相談が必要?メリットを教えて!

一言で言うと「気づいていない、お金のリスクに気づくため」。家族みんなが健康で幸せに暮らしているときはいいのですが、長い人生、病気や事故など、何が起こるかわかりません。万が一大黒柱が倒れたときは、保険のような備えがないと乗り切れないことも……。分かっていても、何から準備したらいいのかお悩みの方も多く、だからこそ私たちプロのお手伝いが必要なのだと思います。

相談すべきタイミングっていつ?

ご相談のタイミングは、結婚した時、お子さまが増えた時、ご主人や奥さまの収入が変化した時など。保険は一度入ったらおしまいではなく、家計や家族構成の変化に合わせて見直しをすることが重要です。

収入や支出を公開するのが恥ずかしい

家計の明細まで出していただかなくても大丈夫。年収、社会保障の状況、お子さまの希望進路などをお伺いできればご相談は可能です。

大事なのは、月々の収支よりも年間収支。ご加入の保険については、月々の保険料よりも、保険金額や保障期間が終身なのか定期なのかなど、保障に関する情報のほうが大切。保険証券があればベストですが、契約内容のコピーなどでも大丈夫です。

面談で相談する場合、夫婦が揃っていないとダメですか?

ご主人がお仕事などで多忙な場合、奥さまだけでもOK。ご主人が家計を管理している場合も、ご相談をきっかけに奥さまも家計の問題点について考えるようになり、「相談後、夫とこれからのことについて話す機会が増えた」という方もたくさんいらっしゃいます。

ご相談を機に、ご夫婦が一緒に保険を含めて家計全般について考えることで、将来のリスクに備えていくための気づきにしていただけるとうれしいですね。

答えてくれたのは…
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命ライフカウンセラー
田中 睦美さん
豊富な知識と親しみやすい人柄で、幅広い世代の相談者から支持を得ているベテランカウンセラー。二児のママなので、子育て世代の実情には特に詳しい。元保育士。

ライフカウンセラーとは、生命保険を軸として、金融、経済などの幅広い知識を持つ精鋭の営業社員です。ライフカウンセラーの仕事はお客さまをとりまく環境、お客さまの年齢、家族構成、将来設計等を把握することから始まり様々な観点からアドバイスさせていただきます。

ママたちは、今の“保険”に満足してる?

  • Q1. 現在加入している保険は家族に合っていると思いますか?

    今の保険が家族に合っているかどうか不安なママが6割以上。見直したくても「ネットの情報だけでは今イチわからない」「保障の内容が難し過ぎて、夫婦の意見がまとまらない」というママが多いようです。

  • Q2. 家計や保険についてプロに相談したいと思いますか?

    約7割が「プロに相談してみたい」と回答。プロの助けが必要と感じているものの、一歩踏み出せないママが多いようです。

リトル・ママ読者アンケートより
(2017年8月4日実施 回答数111)

でプロに相談してみました

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「ポンポンほけん室」で保険相談サービスを利用したママに、実際に相談した感想や、ポンポンほけん室のおすすめポイントを教えてもらいました!

読者ママが実体験!
武井 希望さん
パパ、長男(6才)、次男(3才)の4人家族。
パート勤務で家計を助けている。
  • Q.月々の保険料が高いのが不満
    A.保障の内容が理解できれば保険料は必要なお金だとわかります

    保険料が高いなぁ…と漠然と不満に思っていたんです。でも、それは入っている保険の内容を理解していなかったからだと気づかせてもらいました。

    結婚した時、知人にすすめられて入ったものですが、改めて説明を受けると、未来の自分たちに必要なものばかり。来月からは納得して支払うことができそうです。

  • Q.家計への負担を考えると、ママに医療保険は必要ない?
    A.まだ若い20〜30代のママなら保険料の負担は軽くなります

    入院や手術だけが保障されるシンプルな医療保険なら、私の場合、家計の負担にならない程度で加入できると試算してもらいました。

    乳がんや子宮がんに対する不安もあったんですけど、特約をつければがんにも備えられるそうなので、よく考えてみます。

  • Q.保険の相談ではないけど、毎月赤字でとても貯蓄なんて…
    A.お給料から貯めたいお金を先に引いて、残ったお金で生活する感覚を覚えましょう

    ムダを省けば貯める余地がある家計と診断されてびっくり!貯蓄に回すお金を先に引いて、残りのお金で生活してみましょうとアドバイスを受けました。

    他にも、ひとつの口座で収入も支出も管理していたので、『家計管理とは別に、貯蓄専用の口座を作ってみては?』との提案が。さっそく実践します!

読者ママも実感!子育てママだからこそ頼れる保険相談
ポンポンほけん室3つのオススメ

  • ①保険の“分からない”を解消できた
  • ②保険だけでなく家族のお金についても親身になってくれた
  • ③何度でも無料で相談できると言ってもらえて安心できた

相手がプロだからこそ、信頼してオープンにできたのだと思います。少しでも気になることがあるなら相談してみるべきですね!

保険相談のお申込みで、いまならポンポングッズがセットでもらえます♪

※キャンペーン期間: 2018年9月30日(日)お申込み受付分まで

※内容は一部変更となる場合がございます。

【ポンポンほけん室】はこちら

相談のご予約・お問合わせはこちら [01]

0120-411-850

受付時間
平日 9:00-19:00 土曜 9:00-17:00
(日曜・祝日・12/31-1/3を除く)
なお、4月1日から平日の受付時間が9:00~18:00に変更になります。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
〒163-8626 東京都新宿区西新宿6-13-1 新宿セントラルパークビル

HL-P-B2-17-01455(2018.2.1-2020.1.31)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 見過ごさないで!子どもの肥満

    食生活やライフスタイルの変化で増えた子どもの肥満。一昔前は「太っている=健康的」とプラスに捉えら…
  2. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  3. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  4. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…
  5. どうすればいいの!?ママなら誰もが見つけたいストレス解消法!

    育児、家事、旦那さんのお世話…ママには365日お休みなんてありませんよね。 「子どもはかわ…

話題の記事

  1. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  2. ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  4. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
  5. 年長=新1年生ママは小学校入学に向け、期待と不安でいっぱい!そこで、新1年生ママ代表の二人が先…
ページ上部へ戻る