【リトル・ママ×マミー】「ボディミルク」ママ共同開発プロジェクト 第2弾 お披露目会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケアができる「キスミー マミー」のスキン&ボディケアシリーズ。その「キスミー マミー」ボディミルクが、より使いやすくリニューアル! 「こんなボディミルクがほしい」というリアルな声を反映するため、子育て中のママたちとの共同開発を行いました。

プロジェクト第1弾である前回の座談会では、ボディケア用品を選ぶポイントやこだわりの成分、パッケージデザインについてなど、ママたちからたくさんの意見をいただきました。第2弾となる今回は、ついにニューアルしたボディミルクが完成! 12月15日に開催されたお披露目会の様子をレポートします。

「安全性」と「保湿力」に、ママたちが厳選した「こだわり成分」をプラス

会場に集まってくれたのは、前回の座談会に参加した0~3歳の子どもを持つ9組の親子です。中にはママと一緒にワクワクした表情でお披露目を待つ子も。顔を合わせるのは2回目とあって、和やかな雰囲気でお披露目会がスタートしました。

はじめに、「キスミー マミー」ブランドの商品プランナーの鳥羽さんから、今回リニューアルするボディミルクの商品特徴の説明が行われました。今回のリニューアルでは、「食品成分」「無添加」「低刺激性」という3つのポイントに加え、肌にスッとなじむ伸びのよさや、しっとり感が続く保湿力がアップ。
前回の座談会でママたちが厳選したボディケア用品を選ぶときに欠かせない保水力や保湿力の高い「こだわり成分」もプラスされました!

素早く浸透してしっとり感が続く、大満足の使い心地

リニューアル品への期待も高まったところで、いよいよ実際に試してみることに。完成したボディミルクを手の甲に塗り、その塗り心地や効果を体感してみました。

肌に塗った瞬間、ママたちからは
「すごく伸びがいい!」
「全然ベタつかないのにしっとりモチモチする」
と、口々に歓声が。
「すぐに肌に浸透して、塗り終わったあともしっとり感が続く。自分の手がモチモチして気持ちいい!」というコメントに、皆大きくうなずいていました。

また、子どもの肌に使ってみたママからは「伸びがいいので重ね塗りする必要がない。乾燥していたほっぺも、すごくしっとりしました」という声が。「肌に塗っても全く刺激がない。食品成分100%だから、子どもの顔にも安心して使えますね」と、納得の表情です。

この「キスミー マミー」ボディミルクは、無香料と香り付きの2種類が用意されています。香り付きタイプには、肌に優しい天然香料を使用。ふわっと広がる爽やかな香りは、「スッキリとしていてリフレッシュできる」とママたちにも大好評。
普段は無香料のボディケア用品を使っているというママも、「これなら親子で香り付きタイプを使ってみたいな」と、笑顔で語ってくれました。

子どもも使いたがる、かわいいパッケージデザイン

続いて、パッケージデザインのお披露目です。
「キスミー マミー」ボディミルクのパッケージは、かわいらしいクマの形のポンプボトル。ママたちの意見をもとに細かい部分まで調整を行い、ボトルのデザインが完成しました。

「インテリアにもなじみそう。リビングに置きたいな」
「かわいくて子どももきっと喜びます。ボディケアのとき『クマさんのボトル』と言えば、子どもにもすぐ分かりますね」
とママたち。さらに、
「片手でサッと使えるポンプボトルは、時短にもつながって嬉しい」
という声も。
確かに入浴後など、バタバタする中での赤ちゃんのボディケアは時間との勝負。そんなときも、フタを開け閉めする必要のないポンプボトルなら、ママも子どももスムーズにボディケアができそうです。

また、商品が店頭に並ぶ際に貼られる「アテンションシール」も、ママたちの意見を取り入れ、より興味を惹きやすいデザインに。シールに入れるキャッチフレーズについて、さらに話し合いを行いました。「もっと良いものを!」というママたちの熱い思いを活かし、発売までにブラッシュアップが加えられます。

ママたちの「こんなボディミルクがあったらいいな」がたくさん詰まったボディミルク。親子でのボディケアが、もっと楽しくなりそうですね。リニューアルした「キスミー マミー」ボディミルクの発売は、2018年秋頃の予定です。お楽しみに!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 秋〜春はアザ治療の ベストタイミング

    お子様のアザで悩む親御様は多いのですが、子どものアザは、成長とともに薄くなるものとならないも…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  2. NHKのうたのお兄さん卒業から1年4ヵ月。活躍の幅を広げる“だいすけお兄さん”こと横山だいすけさ…
  3. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
  4. お子様のアザで悩む親御様は多いのですが、子どものアザは、成長とともに薄くなるものとならないも…
  5. 2017年7月5日に発生した九州北部豪雨によって3人の死者が出た朝倉郡東峰村。髙取焼や小石原焼な…
ページ上部へ戻る