入学準備はどうしてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小学校に入って困らないように、今から少しずつ始めたい入学準備。忙しいママにオススメなのが、自宅で学べる通信教材です。読者に体験してもらいました♪

今回教えてくれるのは

大森さん親子

年長の聡莉ちゃんをはじめ3人きょうだい。7月に末っ子が生まれたばかりでママが忙しく、自宅で入学準備ができる通信教材に興味があるそう。

親子でふれあいながら家事の合間に一緒に学習!

 来年小学生になるのを楽しみにしている聡莉(さとり)ちゃん。ママは入学に備えて幼児教室も考えたそうですが、3人きょうだいの育児と家事、そして仕事にと忙しい毎日です。聡莉ちゃんは現在すでに通信教材を使っていますが、すぐにドリルを終えてしまうため、ママはもっとボリュームのある教材か、併用できるものを探しているそう。そこで今回は、「脳科学に基づいたカリキュラム」が特長の、通信教材「幼児ポピー(ポピっこ)」を試してもらいました。

 迷路やすごろく、シール貼りなどに、聡莉ちゃんは早くも興味津々。パズルや付録のカルタにも、何度も取り組んでいました。「980円でこの内容とボリュームにビックリ!親子で楽しめる工作のアイデアや、ママ向け冊子の情報も充実しているし、ワークには学校生活をイメージできる内容もありました」とママ。遊びながら取り組むうちに、さまざまな力が鍛えられる「幼児ポピー」。親子で大のお気に入りになったようです。

 

親子で楽しみながら学べるのが魅力。特別付録の工作もハサミを使って上手にできました!

ママの感想

入学までに生活リズムを整えられるよう、自然に促す工夫もあって良かったです。何より、子ども自身がとても気に入って、終わっても大切に本棚に入れて何度も読み返しているのに驚きました。

聡莉ちゃんの感想

字を書いたりシールを貼ったりするページがたくさんあって楽しかった!小学校の写真やお話が載っていて、起きてから学校に行くまで準備する時間をママと決めたから、早くカッコいい1年生になりたいな♪

大森さんが体験した”ポピっこ”はココが魅力!

  • 魅力1

    脳科学に基づくメソッドで身につく力が明確

     脳の専門家・篠原菊紀先生の指導・監修のもと、教材・カリキュラムを作成。たとえば、線をなぞるドリルは「集中力を高め脳の前頭葉を刺激する」など、1冊の中で脳をバランスよく育てるよう構成されています。遊び感覚で飽きることなく、さまざまな力が身につきます。 また各ページ上部には、ママに向けての解説があり、脳のどの部分を刺激し、何を学んでいるのかが分かります。

  • 魅力2

    学習の土台が無理なく作れる

     「幼児ポピー」の出版元は、学校で使われるドリル・テストなどの学習教材も発行している新学社。小・中の学習内容も意識し、たとえば「かたちあそび」は、小学校で習う「図形」へつながる内容。遊びながら小学校の予習ができます。

    上:幼児ポピー 下:小学ポピー
  • 魅力3

    シンプル&低価格

     ワークとドリル、ママ向けの冊子で、1ヵ月わずか980円。十分なボリュームで付録も厳選してお届け。きょうだいでも無理なく続けられる価格です。年4回特別付録がつく号も。


※年長用あおどりでお届けする教材の一例です

 

まずは無料お試し!

お子様にぴったりの無料おためし見本をプレゼント

たっぷり16ページ
オールカラー・シールつき
教材ご案内資料と子育てガイド

 

この機会にぜひ幼児ポピー「ポピっこ」を体験してみては?

お申し込みはこちら

 

☎︎0120-627-700(平日9:30~18:00)
※お申し込みコード「ILM99」とお伝えください
全家研ポピー/新学社
〒607-8501 京都市山科区東野中井ノ上町11-39

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

編集部おすすめ記事

  1. 秋〜春はアザ治療の ベストタイミング

    お子様のアザで悩む親御様は多いのですが、子どものアザは、成長とともに薄くなるものとならないも…
  2. 子どもを創造的(クリエイティブ )に育てるためのデジタルツールの使い方【2】

    ~音のプログラミング~ アメリカで開催された世界最大の楽器見本市、「The 2018 NAMM…
  3. 今のままで備えは十分?プロを味方に家族の未来設計

    慌ただしく過ぎていく子育て中の日々、ふとよぎるのが“保険”の不安。ママたちが抱えている悩みや疑問…
  4. 季節到来!インフルエンザ

    今年はインフルエンザワクチンの不足がニュースにもなり、不安を抱えている人も多いのでは?ワクチン不…
  5. 知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

    発達障がい―その言葉を聞いたことはあっても、きちんと理解しているママは少ないのではないでしょうか…

話題の記事

  1. 出産や子育てを機に、「自然に囲まれた場所で子育てをしたい!」「将来は地元に戻りたいな」と、漠然と…
  2. 言葉や表現することが未熟な0~3才の子どもとのコミュニケーション方法で、悩むママは多いもの。ベビ…
  3. 発達の差も著しい0・1・2才の子どもたち。「習い事を始めるには早過ぎるかな?」と思う方も多いかも…
  4. 食品成分にこだわった無添加・低刺激性で、赤ちゃんや敏感肌の大人も安心してボディケ…
  5. 町ぐるみで子育てを応援 岡山市から車で2時間、人口6,100人が暮らす山間にある小さな町、奈義…
ページ上部へ戻る