リトル・ママ福岡トップ > カラフルコラム|編集部のコレチェック|長尾NEWS cafe 子育ての「ほんとうのところ」後編

カラフルコラム
映画・イベント・グッズ・本・子育て…「カラフルコラム」

編集部のコレチェック

長尾NEWS cafe 子育ての「ほんとうのところ」後編

子育てをテーマに現役ママだけでなく、世代や性別を超えて語り合う場があると聞いて西日本新聞社主催の「長尾ニュースカフェ」にお邪魔してきました。
会場は手づくりパン工房フレさん(城南区長尾)、ファシリテーター田坂逸朗さんが進行します。

空いてるテーブルに自由に座り、15分ごとに席替えというワールドカフェ形式。必然的にいろんな方と語り合うことになります。
最初は少し緊張しますが、みなさん語り合うために集まった方々なので、すぐに打ち解けますよ。

<第1ラウンド>

子育て真っ最中・小さいお子様のいるママとの会話は、子連れで行ったコンサートで、始まるや否や「お子様、無理じゃないですか」と言われ退場。ショックを受けたというお話でした。事前に下調べをして子ども不可ではないものを選び、勇気を出して参加したのに…。子連れ不可なら、厳しいようでもはっきり明記した方が親切だよねという話になりました。

<第2ラウンド>

経済を勉強中の女子大生さんは、経済の立場から子育て環境をよくしたいという夢を語ってくれました。家計や教育費は気になっても、社会的な視点で経済と子育てを結んで考える発想に刺激を受け、こんな若い世代がいるなら未来は明るいかもと期待。

<第3ラウンド>

大人の余裕の無さについて。子どもが少ない理由を税金が高いとか収入が少ないとか言うけれど、子沢山で知られる島が収入が高いかといえばそうではない。近所のおじちゃんおばちゃんが普通に隣の子を叱ったり声をかける環境があればもっと違うのではないか。

他のテーブルではそれぞれにまた違う議論が交わされていたと思います。
大事なのは、ここで語られるのは全て「ほんとうのところ」だということ。
たとえ自分と違ったとしても、全て「ほんとう」なのです。
人の「ほんとう」を否定しない、自分も「ほんとう」を語る。

そして、ここで語ったことをこの中だけにとどめておくのではなく、地域へのメッセージとして発信することで、この日の会は終了しました。

このカフェ、今後の開催予定はNEWScafeさんのFacebookをチェック

( テキスト:サッキィ2013/03/07 )
バックナンバー
前のページに戻る